最新の頁   »   短歌一般  »  一ノ関忠人「余白の春」覚書
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

姉を亡くす妻のかなしみかかるときよりそふほかに何なしうるか
おのづから今年も春は到るべしかなしくはあれど梅はほころぶ


 (「余白の春」、『GANYMEDE』2015年4号)


 連作として読むなら、二首目の「かなしくはあれど」は、一首目の「かなしみ」を踏まえた表現ということになりそうだ。春はささやかな慰めであり、梅はその具体的な印。

 しかし、二首目を単独で読むなら、どうだろう。春の到来自体が悲しく感じられることにならないか。この場合、梅は春が見せるもう一つの顔。時が過ぎるのはつらいが、そのなかにまた喜びもある、と。

 いや、連作として読んでも、後の解釈の方がよいか。


(2015.5.31 記)

関連記事
NEXT Entry
第二の永井陽子句歌集
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031