最新の頁   »   斎藤茂吉  »  田中綾・中崎翔太「資料紹介 守谷富太郎の「アララギ」掲載歌」を読んで(3)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 気になったこと、一つ目。いつもながら、コジュウトのようですみません。

賣店の花を欲りせど我は買はず日に日に行きて見ては戻れり

(『アララギ』1936年3月。このブログでは引用に際して旧漢字を現行の字体に置き換えているが、ここでは話の都合上旧字のまま引く。ただし「戻」は、旧字が入力できない。


 この歌の「買」に、

 「賣店」は「賣」の字だが、「買ふ」の場合は、他の作品でも「買」の字が用いられている。原文のママ。


と註を付けているが、この註の意味が分からない。「買」の字はとくに新旧の区別もないはずだが……。ひょっとして「賣」を「買」の旧字と勘違いしたのだろうか。


(2015.5.21 記)

関連記事
NEXT Entry
田中綾・中崎翔太「資料紹介 守谷富太郎の「アララギ」掲載歌」を読んで(4)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930