最新の頁   »   短歌一般  »  木俣修署名本『昭和短歌史』(2)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 私の本棚に『昭和短歌史』の著者署名本がある。二十年近く前、神保町の古書店で手に入れた。注意したいのはその献呈先で、「五島茂様」と読める。五島美代子と結婚、改姓した茂である。

osamu-goto-01.jpg


 木俣は同書中、例の論争の註として、

 石榑茂は小杉茂の名によって『アララギ』に歌を出しはじめたのは大正十一年十月からであって、第一欄作者として有力な位置をもっていた。(72頁)


と記し、『アララギ』同号掲載の茂の一首を次のように写していた。

はつはつに触れしものから汝がいのちかくもさびしく吾れにこもりけむ


 ところが、引用元の『アララギ』では「はつはつ触れし」なので、「はつはつに」の「に」は不要な字なのである。古歌に「はつはつに」となる例があり、むしろその形の方が自然な気もするが、ともかく茂の原歌には「に」が付かない。

 さて、いま手元の本を見ると、この不要な「に」を赤線で消してある。ほとんど知られていないこの歌に関し、一字分の衍字に気付き、なおかつそれを訂正せずにいられない者は誰か。茂本人をおいてほかにあるまい。

osamu-goto-02.jpg

 この訂正の跡こそ、茂吉と茂の論争を取り上げた『昭和短歌史』の一節を茂本人が確かに読んでいた証拠であると思われる。流行りの思想にかぶれ、先輩歌人に未熟な議論をふっかけて完膚無きまでに叩きのめされた青年時代の自己を、茂はどんな気持ちで振り返っただろうか。


(2015.4.7 記)

関連記事
NEXT Entry
斎藤史は彼女のことが嫌い(1)
NEW Topics
花水木の道で愛を告げたのか(後)
花水木の道で愛を告げたのか(前)
歳の終わりに
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829