最新の頁   »   笹原常与  »  笹原常与覚書(1)晩年の四行詩
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 エピラフさんのコメントによれば、晩年の笹原常与は「四行詩」を多く書いていた由である。『假泊港』(港の人、2002年)では、掉尾近くに「四行のダンス・デッサン」「紙飛行機」「影踏み」といった四行詩が収録されている。『假泊港』が制作順に詩を並べているとしたら、この三作は『假泊港』出版に比較的近い時期の作ということになる。同書出版を挟んで、四行詩制作への熱意が続いたものか。

踊る人に誘い出された踊りは
踊る人の肉体を下敷きにして
その上にひろげられた「生」の白いページに
精神のデッサンを 描いたり消したりしている。


  「四行のダンス・デッサン」より


 描くだけでなく「消したり」するのが味わい深いところ。より生き生きとした動きが、命が、そこに生まれている。


(2015.2.20 記)
関連記事
NEXT Entry
清原日出夫の生年の誤記
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
82
 すみません、「四つの四行詩」のことですが、資料を見直してみたら、書いてありました。

 「詩と創造」46号に先生の「輪まわし」という詩が掲載されていて、最後に(「四つの四行詩」の内)とありました。

 私の手持ちには「詩と創造」がこの46号と41号で、41号は先生が第一回現代ポイエーシス賞の受賞され、その授賞式の模様と選考委員の方のコメントがあり、溝口章さんという方が『假泊港』の評論を書いて下さっています。

 「詩と創造」にいくつか詩を発表されていますね。

 港の人の里舘さんとお知り合いなんですね。ご存知かと思いますが、港の人という雑誌の4号に「折り方」を発表されていますね。

 読んでみたいです。

 それでは、失礼します。

86
コメントいただいていたのに、御返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい!! 3月は怠けてしまって、自分のブログも全然覗いていなかったので。

笹原常与情報ありがとうございます。知らないことばかりで、感謝感謝です。少し調べましたので、いずれまたブログに書こうと思っています。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930