最新の頁   »   笹原常与  »  笹原常与旧蔵書など
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 笹原常与本人の書き入れがある本を古書店で見つけた、と教えられた。自分でも少し調べてみたところ、確かに笹原さんの旧蔵書などが古書店に出回っている。御家族が遺品を整理されたのだろう。

 しかし、書き入れ本まで処分されたというのは、やや心配な情報だ。原稿や草稿、ノート類は散逸していないだろうか。遺稿集の出版の話は順調に進んでいるのだろうか。

 昨年12月14日付と15日付で笹原さんに関する記事を書いたところ、未知の方々からコメントをいただいた。笹原常与に関する情報がウェブ上にほとんど存在しないことにあらためて気付くとともに、笹原常与詩集に熱心な読者がいることを再認識した。

 遺稿集の出版が実現することを願う。


(2015.2.12 記)

関連記事
NEXT Entry
永田和宏『現代秀歌』覚書その8:庶民の海外詠
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
76
 和爾猫さん、先生の事を書いて下さってありがとうございます。
 
 遺稿集出版、僕も待ち望んでいます。

 できれば全集を出版してくれないかなあと思っています。

 お亡くなりになる2年か3年前に、お会いした時に詩をかきためたノートが180冊くらいと言ってられました。

 その時だったかどうかおぼえてませんが、先生は4行詩をつくるのが順調だったそうで、

 「4つの4行詩」

 という題名でまとめたいと話してくださいました。



77
エピラフさん、コメントありがとうございます。そして、貴重な情報もありがとうございます。ノート180冊ですか、膨大ですね。それがすべて未発表だとすると、遺稿集の編集には時間と手間がかかりそうです。四行詩の話は腑に落ちるところがあります。『假泊港』の掉尾近くに四行詩がいくつもありますよね。そのどれもがすばらしい。未発表の四行詩をぜひ読みたいものです。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930