最新の頁   »   アンソロジー  »  永田和宏『現代秀歌』覚書その7:春日真木子『北国断片』
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 春日真木子『北国断片』(1972年)から、本書は次の一首を採る(214頁)。

憐れまるより憎まれて生き度し朝々に頭痛き迄髪ひきつめて結う

  『北国断片』「寡婦の章」


 この歌は春日自選の『自解100歌選春日真木子集』(牧羊社、1988年)に見えず、所属結社水甕の会員がまとめた『春日真木子101首鑑賞』(ながらみ書房、2007年)にも入っていない。従来の評価に関わらず、とくに永田の好みで採った一首ということになろうか。

 しかし、初句「憐れまるより」は助動詞の活用がおかしい。あえてこの歌を引っ張り出してこなくてもよいのに、と思う。作者本人も不本意だろう。

 第二句以下にも注意すべきところがある。「憎まれて生き度し」は中城ふみ子に先例がある。

大楡の新しき葉を風揉めりわれは憎まれて熾烈に生きたし

  『乳房喪失』(1954年)


 「頭痛き迄髪ひきつめて結う」は、

こめかみがきしめるほどに梳きし髪こころもはらに涼しからねば

  葛原妙子『飛行』(1954年)


の類想句だろう。春日の自筆年譜(『短歌』2006年6月号)によれば、『乳房喪失』と『飛行』が刊行された1954年に、

 夫が癌により闘病の末死去。夫の死がきっかけとなり作歌を始める。


 そして、久々湊盈子『インタビュー集 歌の架橋』(砂子屋書房、2009年)には、

 中城ふみ子の歌に触発された……


という春日本人の発言も記録されている。要するに、永田が採った春日の一首は、同時代の女性歌人からの影響を色濃く受けた作なのである。「寡婦」の歌であるはずなのに、どこか離婚した女の歌を思わせるのは、中城ふみ子の表現に学んだためでもあろうか。

 影響を受けること自体は自然なことで、単純に批判されるべきでない。しかし、影響関係がこれほどあからさまな一首を、わざわざアンソロジーに収載するのはいかがなものか。

 『北国断片』から採るなら、ほかにいくらでも候補を挙げられそうだ。

垂直に麦穂たつ畝走る子の母が希う程には俊敏ならず


はどうだろう。母の愛とエゴのつつましさに現実味がある。もっと強いインパクトを求めるなら、

髪の根迄も風は曝せり芯強き女と云われつつ株買いに行く


はどうか。株を買う女の珍しさだけを評価するのではない。経済的自立こそ、精神的自立の基盤だ。その真実に照明を当てた作は現代短歌に案外少なく、記憶に値する。

 
(2015.2.10 記)

関連記事
NEXT Entry
笹原常与旧蔵書など
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031