最新の頁   »   アンソロジー  »  永田和宏『現代秀歌』覚書その5:省線電車の歌(2)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 福島泰樹の省線電車の歌でよく分からないのは、「左折」の意味である。

 「左折」には当然「左翼」という場合の「左」、すなわち「革新」という意味が含まれていよう。(140頁)


という永田の解釈にとくに異論はない。しかし、そもそも電車の左折とはどんな動きを表わしているのか。自動車の左折は交差点を左に曲がることで、左カーブの道を進むことではない。とすると、この「左折」は、電車としては本来あり得ない動きを表わそうとしているのか。


(2015.2.6 記)

関連記事
NEXT Entry
永田和宏『現代秀歌』覚書その6:清原日出夫の作風
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930