最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  永田和宏『現代秀歌』覚書その4:白痴の我
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 前川佐美雄の一首として、本書は『大和』(1940年)から

春がすみいよよ濃くなる真昼間のなにも見えねば大和と思へ


を採っているが、その解説中にさらに次の歌を引いている(186頁)のが目を引いた。

ひじやうなる白痴の我は自転車屋にかうもり傘を修繕にやる


 『植物祭』の、これも著名な歌である。ただし、1930年の初版本では第二句が「白痴の僕」になっていた。そして私の知るかぎり、この歌は後年、多くのアンソロジーにその初版本の形で入り、多くの論文・評論・随筆にもその形で引かれてきたのである。

 では、「白痴の我」という見慣れない本文は一体どこから? 『植物祭』には、1947年に出た改版本がある。実はその本では「白痴の我」なのである。奇妙な話だが、永田は従来ほとんど問題にされたことのないこの改版本、もしくはそれを底本にする文庫本の類(未確認)からわざわざ引いてきたもののようだ。

 思うに、この「僕」と「我」の違いは、一首全体の内容に大きく関わるものだ。そもそも、白痴を自覚する人は白痴らしくない。「白痴の我」は綺麗に整理された言い回しで、白痴本人の物言いとは到底感じられない。ところが、「白痴の僕」になると、この「到底」がちょっと揺るがないだろうか? 格調高い伝統文芸のうちに、大真面目に話し言葉の一人称を使用する。その落差がとぼけた印象を生み、彼の正気を一瞬疑わせないだろうか。

 「白痴の我」は作者自身が歌をつまらなくした改悪だと私は思う。


(2015.1.31 記)

関連記事
NEXT Entry
永田和宏『現代秀歌』覚書その5:省線電車の歌(1)
NEW Topics
鷲田清一「折々のことば」第1748回について
花水木の道で愛を告げたのか(後)
花水木の道で愛を告げたのか(前)
歳の終わりに
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
コメント
170
はじめまして、

白痴のぼく と 白痴のわれ なんですが、わたしは前者の方がいいように思います。(ぼくとわれはひらがなで) これはあくまでも本人の表記であるべきものと考えます。誤写、故意の修正は許されません。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031