最新の頁   »   会津八一  »  言道と会津八一
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
a. 大隈言道『草径集』

    閑居松子落
 めのまへにひとつ落たる松のみのさらにもおちずくるゝけふかな


b. 会津八一「武蔵野だより」(1923 大正12)

    懐君属秋夜 散歩詠涼天
    山空松子落 幽人応未眠
 裏山の地(つち)に響きて松の実のこぼるゝ宵を君寝(い)ぬべしや


c. 会津八一『南京新唱』(1924 大正13)

 たちいでゝとゞろととざす金堂のとびらのおとにくるゝけふかな


memo
・「松子落」は韋応物の詩(山空松子落……)に初出の言い回しであるらしい。
・「閑居松子落」という題は韋応物の詩をふまえたものだろう。
・『会津八一全集』には言道への言及なし。
・『万葉集』および二十一代集に「くるるけふかな」という句なし。
・『子規全集』の用例は未調査。


関連記事
NEXT Entry
脱走兵は、薔薇色
NEW Topics
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その一
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その六
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その五
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その四
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その一
文語を識別する浅野基準について(3)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930