最新の頁   »   斎藤茂吉  »  田中隆尚『茂吉随聞』上巻を読む(2)ある日の短歌指導
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1943年7月13日、田中の兄の歌を見た茂吉は、

六月(みなづき)の雨にぬれゆく青萱の葉末するどく地(つち)に垂れたり


を採って、

草道を分けて来ぬれば目の前に暮れ残りたる白き石橋


を採らず、次のように言う。

 『暮れ残りたる』は新古今調だねえ。大学を出た者はすぐ象徴といふんだ。

  (122頁)


 これはもちろん、「暮れ残りたる」に否定的なのだ。前の歌の構成だとか調子だとかが緊密なのに対して、後の歌の上句が弛緩しているのは私にも分かる気がするが、「暮れ残りたる白き石橋」はおもしろく感じられるので困ってしまう。安易な幽玄に走るのはつまらないということなのだろうが。


(2015.1.8 記)

関連記事
NEXT Entry
田中隆尚『茂吉随聞』上巻を読む(3)茂吉と日本主義
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930