最新の頁   »   ご挨拶  »  歳の終わりに
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
今年したこと。

 松村正直『午前3時を過ぎて』の書評を書いた(『塔』8月号)。当ブログにその続きも書いています。

 三ヶ島葭子(秋山佐和子編・解説)『少女おもひで草』の書評を書いた(『玉ゆら』46号、10月)。拙文ながら、まずまず書きたいことを書いたと納得しています。

 田中綾さんのご紹介で、『現代短歌新聞』5月号のコラム「歌人の絆」に拙文を載せてもらった。内容はごっさんへの手紙です。恥ずかしながら私の顔写真も載っています。

 石原深予さんに教えられて、立命館大学図書館で白楊荘文庫所蔵の『エスプリ』『短歌作品』『カメレオン』『日本歌人』等を閲覧した。今年一番の収穫。ずっと探し続けて見付からなかったものが目の前にある!——興奮しました。

 このブログが一年間続いた! 仕事の合間にブログを更新するのは、いや、たいへんでした。内容はともかく、継続できたこと。それは怠け者の自分にしてはよくやった、と。


今年できなかったこと。来年したいこと。

 一年前の今日の記事に書いた「今年できなかったこと。来年したいこと。」を何一つしなかった。去年できていない時点で、自分にはそもそもできないことだったのかもしれないが……。斎藤史の評伝の資料は、その後も集め続けています。永井陽子論の資料はもう揃いました。後は書くだけです。


     §


 二十年前から毎年、大晦日の晩は、一人暮らしの恩師のお宅に母のお節料理を持ってお邪魔していた。いつも来客の多いお宅が大晦日の晩だけは静かだった。

 この夏、師が亡くなった。自分は正式な学問の弟子ではないので、遠くからお見送りをした。自分の生活もこうして一つ一つ店仕舞いに向かうのだと思う。

 よろしければ、来年も当ブログを覗いてやってください。


(2014年12月31日 記)

関連記事
NEXT Entry
明治書院版『名歌名句大事典』で平賀元義の歌を探す(1)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930