最新の頁   »   葛原妙子  »  北村薫「うた合わせ」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『小説新潮』最新号(2015年1月)掲載の北村薫「うた合わせ」に、当ブログ記事「暴王の死に関する異説」が少しだけ紹介されています。光栄です。


     §


 ウィキペディアの北村薫の項を見て、北村さんが県立高校の国語教師を十年以上していたこと、
 

 詩歌に通じており、『詩歌の待ち伏せ』など詩歌論の著書がある……



ことなど、初めて知った。「うた合わせ」も上記の号ですでに第41回とのことだが、こういう連載記事の存在も私は知らなかった。小説の商業誌に詩歌関係のコラムがあるとはあまり予想していないので、見落としてしまう。

 今回の「うた合わせ」に歌が引かれている歌人は、葛原妙子・中津昌子・浜田康敬の三名。当今の歌壇に流行りの人というわけでもない。この渋い人選を見ても、北村さんと短歌の関わりが昨日今日の話でないと分かる。

 なお、同コラムの引用歌の「暴君ネロ」は、「暴王ネロ」の誤写だ。


(2014.12.23 記)

関連記事
NEXT Entry
『GANYMEDE』62号を読む
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930