最新の頁   »   笹原常与  »  詩人の死 追記
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 嶋岡晨は、かつて笹原常与の詩について「レアレスト・ファンタスティック」と評した。なるほど、非合理的な風景を描きながら、この世の真実に確かに触れていると思わせるのは、『假泊港』のひとつの特徴である。否、優れた詩はすべてそういうものだろうか。
 

飛行機のかたちに 紙を折り畳んでゆく。
その時 風も一緒に折り畳む。
あまりに深く折り目をつけすぎて 青空の端まで折り畳んでしまう。
折り畳んだ風と青空をゆっくりほどいて 紙飛行機は飛んでゆく。


 (「紙飛行機」より)


影を踏んでいた子は 影に受け入れられて
そのまま 影の中からもどってこなかった。
それからというもの
影が その子をさがしている。


 (「影踏み」より)



 紙飛行機についての、影についての、世界についての認識が私の脳の中で更新される。そのことで、私自身もまた更新される。詩を読むとは、こういうことだろう。

 遺稿集をまとめる話があると里舘氏から聞いた。願わくば、『假泊港』の隣りに並べるのにふさわしい、美しい本を。


(2014.12.14 記)

関連記事
NEXT Entry
石川信雄と斎藤史 その八
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031