最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  石川信雄と斎藤史 その七
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『歌壇』11月号の篠弘「戦争と歌人たち」(13:斎藤史と抽象技法1)が斎藤史『魚歌』の歌について、

 師前川からの影響……



と記していることに驚いた。「水中という未知な場への憧れ」を示す前川佐美雄の歌が史に示唆を与えたとの指摘は興味深いが、それにしても「師前川」は筆が滑ったものではなかろうか。

 私の知るかぎり、私淑という意味でも、史が佐美雄に師事した事実はない。篠は『魚歌』所収の、

さかさまに樹液流れる野に住んでもくろむはただに復讐のこと
いきどほり激しきときに狙ひうつ弾丸
(たま)はたしかに雲を射抜けり



に「前川から受けた影響」を見ている。佐伯裕子『斎藤史の歌』(雁書館、1998年)がすでに指摘しているとおり、前の歌は確かに前川佐美雄『白鳳』(1941年)所収の一首、

野にかへり野に爬虫類をやしなふはつひに復讐にそなへむがため



の影響下に成ったものだろう。しかし、後の歌はどうか。篠によれば『白鳳』所収の

ピストルは玩具といふことを知りながらどんどん菖蒲の咲く池に撃つ



から影響を受けているとのことだが、それを言うなら石川信雄の

パイプをばピストルのごとく覗(ねら)ふとき白き鳩の一羽地に舞ひ落ちぬ

 『短歌作品』2巻1号(1932年1月)、『シネマ』所収



とも発想が似ている。空に向かって銃を構える点、「どんどん」撃たずに狙い撃つ点では、石川の歌は佐美雄の歌以上に史の歌に近い。そして何より、この石川の歌は史のお気に入りで、史による『シネマ』評(『日本歌人』1937年9月号)に引用されているのである。

 当時の新芸術派の歌について考えようとするなら、佐美雄と史の二人の関係だけに注目するのでなく、そこに石川を加えた三人の関係を見るべきだろう。

 なお、『白鳳』所収歌の初出の調査は従来あまり進んでいないようだが、「野にかへり」は『短歌作品』1巻1号(1931年1月)、「ピストルは」は『カメレオン』1巻1号(1933年6月)。石川の「パイプをば」が佐美雄の「ピストルは」に先んじていることにも注意する必要がある。


(2014.10.30 記)

関連記事
NEXT Entry
石川信雄と斎藤史 その七(追記)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930