最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  石川信雄と斎藤史 その三
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 松村さんから教えられた忍足ユミ「石川信雄の偉業:ジャン・コクトーに導かれて」(『短歌往来』2013年9月号)をようやく入手して読んだ。忍足氏はこの論考のなかで、斎藤史『魚歌』の一首、
 

春を断(き)る白い弾道に飛び乗つて手など降つたがつひにかへらぬ



の「下敷き」として石川信雄『シネマ』の一首、
 

プリマスが流して来れば飛び乗つてもう何処(どこ)へゆくわれさへ知らぬ



がある——と指摘している。当ブログの7月7日付記事「石川信雄と斎藤史」で同様の指摘を私もしたが、この点については忍足氏にプライオリティーがある。私は氏の論考を引用すべきところをしなかったわけで、おわびしたい。

 もっとも、私は忍足氏の論考以前に前川佐美雄の一首、
 

そのへんで拾うた自動車(くるま)にとびのつてどこへ行くのかもう分らない



との関連も指摘していた(「斎藤史『濁流』論」)。忍足氏の目に留まらなかったようだが、本来なら氏にも拙論を引用してほしかったところだ。

 ここに挙げた石川信雄と前川佐美雄の歌を比べてみると、第三句は前者「飛び乗つて」、後者「とびのつて」。表記の点では、前者が史の歌と一致する。

 他方、第二句からの繋げ方をみると、前者「〜ば飛び乗つて」に対して後者「〜にとびのつて」。こちらは、後者が史の歌と同じ形である。

 史の一首に直接影響を与えたのが石川信雄なのか前川佐美雄なのかは直ちには判断しがたい、と私は思う。


(2014.8.12 記)

関連記事
NEXT Entry
夏草の微笑み
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930