最新の頁   »   寺山修司  »  寺山没後30年
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 朝日新聞のカラー刷り特集「はじめての……」、今朝は、

   はじめての寺山修司

 これを見て没後30年だったことを思い出した。新聞は役に立つ。

 30年前の朝日新聞の朝刊に寺山修司の訃報が写真入りで載っていたことを覚えている。自分は小学生で、寺山の名はその新聞記事で初めて知ったはずだ。

 中学・高校時代もとくに寺山の本や映画に接するようなことはなかった。ほかの誰の記事も記憶にないのに、寺山のものだけ覚えているのはどういうわけだろう。

関連記事
NEXT Entry
一ノ関忠人「成瀬有の願い」について
NEW Topics
花水木の道で愛を告げたのか(後)
花水木の道で愛を告げたのか(前)
歳の終わりに
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829