最新の頁   »   短歌一般  »  ヨンヨンチョウか、シシチョウか
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 木下利玄の歌の「四四調」について確かめたいことがあって、手元の『岩波現代短歌辞典』(岩波書店、1999年)の「し」の項を探したが、無い。もしやと思い「よ」の項を繰ってみると、あった。ヨンヨンチョウである。

 しかし、どうだろう。これ、「シシチョウ」と読むのではないか。九九だって、ヨンヨンジュウロクとは言わない。斎藤茂吉の最初期の歌論「短歌に於ける四三調の結句」もシサンチョウと読ませるのだろう。

 「四四調」という語の用例として、『岩波現代短歌辞典』は1935年の川田順『利玄と憲吉』の一節を挙げる。これより早い例として大熊信行「利玄調」という文章があって、たしか『日光』か何かに載っていたと思うが、いずれにしても大正末から昭和初期。旧制の「四高」を決してヨンコウとは呼ばないように、当時の「四」はシと読むのが普通だ。

 もっとも、現代の研究者や歌人の間ではヨンヨンチョウと読むのが通例になっているのだろうか。そうだとしたら、辞典の項目がそうなるのも仕方ないのかもしれない。


(2014.7.6 記)

関連記事
NEXT Entry
石川信雄と斎藤史
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930