最新の頁   »   中城ふみ子  »  中井英夫「鍵」について(4)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 中井の死が報じられたのが1993年。その翌年か翌々年のことだったと記憶している。『短歌研究』編集者時代の中井を直接知る人からたまたま当時の話を聞く機会があった。若月彰が中城ふみ子の評伝『乳房よ永遠なれ』(1955年)を書いたことに中井が激怒し、以後若月は中井の編集する商業誌に寄稿できなくなり、やがて歌壇人の前から姿を消したという。

 実際、私がその話を聞いたころまでずっと、若月は「消息不明」ということになっていた。だから、同じころ、小川太郎『ドキュメント・中城ふみ子:聞かせてよ愛の言葉を』(本阿弥書店、1995年8月)が若月へのインタビューに成功し、近影とともに報告したことは大きな功績だったのである。

 ただ、若月の失踪が事実であったことはよいとしても、その原因についてはなお検証の必要がありそうだ。中井自身が書いたものを読むと、若月とは別の話で対立することがあったようだ。

 若月彰だけがようやく中城を一人の作家として語り合える仲間の筈だったが、続いて十一月号の、第二回の五十首募集の特選に私が寺山修司を推し、若月がこんな俳句の焼き直しをする奴に中城を継ぐ資格はないといって排撃して廻るという事態を生じてから、急速に遠ざかることになり、折角の労作『乳房よ永遠なれ』も、私にはしらじらと醒めた眼でしか捉え得ないものとなった。(『底本中城ふみ子歌集』跋、1976年)

 本来ならそこで特選を取り消し、不明を謝して辞任してもよかったのだが、模倣攻撃の急先鋒が若月彰と知ると考えが変わった。(略)それこそ中城ふみ子が体当たりでひらいた道なのだから、そこに続こうとする才能豊かな十八歳の少年を君がこづき廻すのは、中城の仕事も無駄にすることになるだろうと、若月彰と私は何遍か議論したのだが、彼女の精神より悲劇的な運命に関心の深かった彼の耳には入りそうもなかった。(「無用者のうた:戦後新人白書」1961年) 


 他人の言より本人の言を信じたい。ただ、ここに一つ奇妙な事実がある。若月と疎遠になった中井が故人に対しても「しらじらと醒めた眼」を向けるようになったことだ。

 思うに私にとって中城ふみ子は、本人が演出し創作した作中人物のようなもので、その死の間際、飛行機に乗って札幌へ会いに行った「私」もまた、ひととき作中人物に化してみせた気しかしていない。私が病室のドアの前に立ち、その来訪が告げられると、折から中で発作を起こして苦しんでいた中城は、一声かん高く「いや!」と叫んで、そのあといつまでも私を外に待たせて化粧を続けたが、そんなこともすでに彼女の小説の中に入りこんだ私には、べつだん胸打たれることでもなかった。

 (『黒衣の短歌史』1971年)



 中井が飛行機に乗って札幌へ行ったのは確かであるし、病室の外で待たされたのも事実だろう。しかし、中井自身の感情に関する箇所は虚言だ。仮にこの「作中人物に化してみせた」云々が本当なら、中井はふみ子の生前からすでに、醒めた眼でふみ子を見ていたことになる。しかし、前回取り上げた「唖の歌」にしても、ふみ子宛中井書簡にしても、そのような「眼」を感じさせるところは一切ない。この引用文は結局「ふみ子の生前に中井がふみ子のことをどう見ていたか」ではなく、「これを書いた時点で中井がふみ子のことをどう見ていたか」を示すものだ。ふみ子の死後、中井はどこかの時点でふみ子に親しい感情を持てなくなったのだ。

 中井が『乳房よ永遠なれ』の出版に怒ったという真偽不明の証言を私が忘れられないのは、それによって、中井と若月の対立の原因だけでなく、死後のふみ子に対する中井の一見不可解な態度まで同時に説明できるからだ。『乳房よ永遠なれ』に記された有名なエピソード——ふみ子の病室でふみ子と若月が同衾したという——を読んだ中井が若月とふみ子の両方から裏切られたと感じたことは、想像に難くない。

 さらに時代が下って、晩年の中井はふみ子について次のように書いた。

 いま改めて思うのは、中城がそんな病状の中でよくもまあ歌を作ったなというその一事で、それが傑作であるかどうかはもはや私には問うところではない。田中(引用者註—『乳房喪失』『花の原型』を出版した作品社の社主田中貞夫)もまた窓をあけてくれといいしめてくれといい、カーテンをあけろといいしめろといい、テレビのリモコンスイッチを絶え間なく押しても、看護婦を呼ぶベルだけは押すまいと我慢してつい押してしまう苦しみの中で、死の朝きちんと遺書をしたためたが、いま私はこういいたい。
 ——神様、中城は歌を作りました、と。

 (「死の朝:中城ふみ子追悼」1984年)



 同じ文章中で中井は「作品以外のことはほとんど関心がなく」とも述べているが、人物への愛を元々持っていなかった者に、この最後の一行が書けるだろうか。かつて妹と呼んだ女性へのわだかまりの感情を時間が洗い流したのだと私には思われる。

 ともあれ、中井の「唖の歌」から「鍵」への改稿の内容、およびその不自然さは、ふみ子に対する中井の感情の変化に対応しているのではなかろうか。


(引用は創元ライブラリ『中井英夫全集』第10巻に拠る。)

 
(2014.5.26 記)
関連記事
NEXT Entry
塚本青史氏の文字遣い
NEW Topics
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930