最新の頁   »   短歌一般  »  広辞苑第六版「しずもる」の項について
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 広辞苑第六版の「しずもる」の項に「明治時代に造られた歌語」との註記がある、ということを少し前に松村正直さんから教えられて、びっくりした。中学時代にたまたま山口誓子の句、

一湾の潮(うしほ)しづもるきりぎりす



を知って以来、「しづもる」は長らく私のお気に入りの「古語」だったから、それが案外新しい語かもしれないなどということは、考えたこともなかった。松村さんは、広辞苑の編集担当者だった増井元の著書『辞書の仕事』(岩波新書、2013年10月)を読んでそのことを知った由だ。

 ただ、第六版の掲げる用例が若山牧水の歌、

うらうらと照れる光にけぶりあひて咲きしづもれる山ざくら花



であることは少し気になった。これが大正12年刊行の歌集『山桜の歌』に収録されていることは、牧水ファンには常識であるし、そうでなくとも簡単に調べられる。「明治時代に造られた歌語」としながら明治の作を引かないのはなぜか、と思ったのだ。

 ところが、今月3日付の松村さんのブログの記事によれば、『白珠』5月号の安田純生「しづもる・うつしゑ」がこの「明治時代に」云々の説そのものに異論を述べている、とのことだ。

 私も松村さんにすすめられて、安田論文を読んでみた。「しづもる」の用例は、江戸時代の賀茂真淵『万葉考』や『楫取魚彦家集』等にすでにあるという。広辞苑第六版の説を見事に修正したわけだ。

 この一件で、広辞苑に寄せる私の信頼は、幾分減じてしまった。新たな証拠によって説が修正されること自体は仕方がない。学問とはそういうものだ。しかし、牧水の歌の引用から推測するに、第六版の「しずもる」の註記はそもそも確かな調査に基づいていなかったようだ。

 長年の改訂作業のなかで、記述内容を厳しく吟味するプロセスが失われたのだろうか。


(2014.5.5 記)

関連記事
NEXT Entry
『北冬』15号を楽しむ
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930