最新の頁   »  2023年11月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NHKの朝ドラを『エール』以来久しぶりに観ている。『エール』は古関裕而、『ブギウギ』は笠置シヅ子と服部良一が人物のモデルだが、自分は人並みに音楽が好きだし、それ以上に昭和戦前期の文化に関心がある。もう、楽しい!! もちろん、ドラマはすでに戦時に入っているので、これからただ楽しいだけではなくなるのだろうが……。『エール』のときは、ドラマの内容について内野光子さんと手紙やメールで議論した。内野さん、『ブギウギ』は観てますか!?

     §

 11月8日(水)放映の『ブギウギ』第28回で、いよいよ羽鳥善一(服部良一)のレッスンが始まった。歌は『ラツパと娘』。1940(昭和15)年1月にレコードが発売された作品である。恥ずかしながら、このジャズソングを初めて聴いたのだが、福来スズ子(笠置シヅ子)役の趣里が歌う歌詞で気になるところがあった。

トランペット ナラシテ
スイング ダシテ
アフレバ ステキニ
ユカイナ アマイ メロディ


 NHKプラスで何度も聴き直し、字幕まで確認した。確かに「アフレバ」と歌っている。でも……アフレバって?

 「溢れる」と「ば」なら、アフレレバ、になるはずだ。もっとも、ここだけ古文調でいわゆる未然形プラス「ば」の形だとすると、アフレバ、になる。しかし、直前に出てくるウタエバは未然形プラス「ば」の形になっていない(古典文法で言うと、已然形プラス「ば」)のだから、「溢れば」はやはり不自然だ。

 そこでやっと気が付いた。昭和15年の歌だから、譜面に書かれた歌詞の仮名遣いは旧仮名だ。旧仮名表記の「あふれば」はアオレバ、つまり「煽れば」になる。

 考えてみると、「トランペット鳴らして、スイング出して、溢れれば」では、末尾の「溢れれば」の意味が分からない。「トランペット鳴らして、スイング出して、(みんなを)煽れば」ならよく分かる。

 趣里さんも制作スタッフもきっと旧仮名表記の譜面を読み間違えたのだ、原曲の笠置シヅ子はアオゲバと歌っていたにちがいない……と当たりを付け、YouTubeで笠置シヅ子のオリジナルを聴いたのだが、驚いた。なんと笠置さんも、アフレバステキニ、と発音しているではないか。これは一体……。



 この『ラッパと娘』は作曲に加え、作詞も服部良一だ。オリジナルの録音には作詞者も当然立ち会ったと考えるべきだろう。服部はうっかり笠置の読み間違えを聞き漏らしたのか。あるいは、もしかして服部先生ご自身、アフレバのつもりで作詞したとでも言うのか。不可解!!

 ついでに、YouTubeの検索に引っ掛かった他の歌手のカバーも聴いてみた。天地総子も神野美伽も奥田民生も、アフレバ、である。誰も疑問に思わないのかな、と。ところが、なんとなんと一人だけいたのだ、アオレバと歌っている人が。どうぞお聴きあれ。



 松浦亜弥さんがすごいのか、スタッフさんがすごいのか、知らないがすごいな。字幕もしっかり「あおれば」になってるよ。アフレバを不審に思い、正解を求めてしばし考えを巡らした人がここに確かに存在したわけだ。敬意を表したい。


     §


 それにしても、バドジズデジドダ、とかいう歌詞、その旋律。思い切りシャウトしてて、ジャズというよりロックに近いボーカル。カッコいいな服部良一、カッコよすぎるぞ笠置シヅ子。これを聴いた後に奥田民生を聴くと、奥田さんがめっちゃソフトロックに聞こえるのが笑える。


(2023.11.9 記)


ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930