最新の頁   »  2022年02月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

 旭川の短歌誌「かぎろひ」の編集・発行人や、北海道新聞短歌賞の選考委員を長年務めるなど、道内短歌界の発展に尽くした歌人の西勝洋一(にしかつ・よういち)さんが30日午前9時18分、間質性肺炎のため死去した。80歳。(2022年1月31日付『北海道新聞』電子版)


 西勝洋一さんの突然の訃報に驚いている。拙稿「歌人斎藤史はこの地で生まれた」⑦(『歌壇』1月号)で西勝さんの斎藤瀏・史研究に言及したのをご覧になって、すぐにお手紙を下さった。それまでご縁がなかったので、うれしかった。それからひと月とちょっとしか経っていない。

     §

 拙稿中でも述べたが、旭川在住時代の瀏と史の文学活動を論じた「斎藤瀏、史のいた時代」は、西勝さんの優れた研究成果だった。これから歌人の評伝など書きたいと考えている人はあの文章を手本にするのがよい、というのが私の意見だ。

 「斎藤瀏、史のいた時代」を収める『道北を巡った歌人たち』(二〇一三年)は石山宗晏氏との共著だが、その一番の特色は資料を博捜して活用した点にある。そんなことは特色にもならぬ、と言うことなかれ。近年の歌書であんなふうに多種多様な資料を集めて書いたものがほかにあったら教えてほしい。私は知らない。

 旧陸軍第七師団の関係資料、大正期の地元紙『旭川新聞』、小熊秀雄が残した『旭川歌話会記録』、『短歌人』北海道支部の機関誌『放牧』……旭川市民の西勝さんが地の利に恵まれていたことは確かだろう。だが、それを言うなら、国会図書館と日本近代文学館を日常的に利用できる首都圏在住者はどんな研究テーマを選んでも恵まれている。それで西勝さんのようにできるかと言えば、できないのだ。

 あれらの資料をどうやって探索したのか。あとがきには多くの関係者への謝辞があるが、人とのつながりはどのようにして作っていくのか。いずれお教えを請う機会があると思っていた。それがもうこの先あり得ないのだから無念だ。

     §

 不精な私には本当に珍しいことに、お手紙をいただいた翌日に返信を投函した。生前に読んでくださっただろう。ただ、初めてお便り申し上げるということもあり、随分と控えめな内容にしてしまった。もっと熱烈なファンレターにすればよかったのだ。その方が私の正直な気持ちだったのだから。

 (2022.2.1 深夜 記)


 IMG_7470.jpg

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728