最新の頁   »  2019年08月13日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

わが死(しに)を祷れるものの影顕(た)ちきゆめゆめ夫などとおもふにあらざるも

 (同)


 川野さんは、

 この一首は、結句の「おもふにあらざるも」が曲者である。最後の「も」が口籠もるようで歯切れ悪く、否定しつつ否定し切れていないのだ。擁護されたはずの夫こそが強調されて、「私」の死を祈っているものはまさに夫その人であると思えてくる。(24〜25頁)


と適切に解釈している。さらに〈この作品では、自らの心を過ぎる「魔」が捉えられ、身近な夫もまたその「魔」を湛えてある〉としつつ、

 家族こそ他者の集う場でもある。(25頁)


といった箴言風の言葉でこの一首の鑑賞文を結ぶ。葛原の歌の鑑賞であると同時に、歌人川野里子の世界もかいま見せる、本書前半屈指の佳編。


(2019.8.13 記)

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031