最新の頁   »  2017年08月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ

    穂村弘『シンジケート』(1990年)



 この一首は、歌集刊行直後からよく引かれていた記憶がある。穂村の「初期の代表作」(『世界中が夕焼け:穂村弘の短歌の秘密』新潮社、2012年、152頁)という山田航の評価は妥当だと思う。

 ただ、「現代の相聞歌でもっとも知られている歌の一つ」(同書同頁)とまで言うのは、大げさな気がしないでもない。教科書によく載っているのは「回れよ回れ」「七月四日は」。「もっとも」という言葉を、もっと大事に使ってほしい。


     §


 ……「雪のことかよ」だけが主体の言葉で、そこまでは女性の描写だってことが伝わらないんじゃないかという危惧があったんだけど、意外と伝わっている。なんか短歌って(略)なかなかそのへんの見通しがつかないんですよね。(穂村の発言、同書154頁)


 日本語の表現として、「私はさわぐ」とはあまり言わない気がする。だから、読者は間違えないのだと思う。


     §


 突拍子もないことを言う女性に出会ったことはあるが、妖精性なるものを持つ女性に出会ったことが一度もない、自分は。

 僕は女性のエキセントリシティというか妖精性みたいなものに対する執着が強いので(略)突拍子もないことを言う女性像というものを繰り返し歌っています。(穂村の発言、同書154頁)


 次のように発言する穂村は、フェミニストではない。

 そういう女性が突拍子もない世界のカギを持っていると考えていて、そして、そっちに真実があるという発想だから。僕には男性が構築した株式と法律と自動車とコンピュータの世界に対する違和感があるから。だから、女性がいつも自分を違うところに連れていってくれる、そして、そのカギになるのはエキセントリックな発言だ、ということです。(穂村の発言、同書同頁)


 たとえば株式とコンピュータの世界とは異なる世界がある、という考え方は私にも分かる。そちらの世界のカギを持っている人も、きっとどこかにはいると思う。ただし、その人は男だ。男でない可能性も大いにあるが。


     §


吐き飛ばすガムの標的 金曜の警官(ポリ)人形は勲章まみれ
  (『ドライ ドライ アイス』)


 『ドライ ドライ アイス』(1992年)では、自動車を運転する「私」が祝福されていた。自動車はまるで魔法の道具だった。「私」が幼児期の全能感を取り戻すには、自家用車が必要だった。いつから自動車の世界に違和感を?


     §


 『シンジケート』では、女はときに「私」の期待通りに行動し、ときにその期待を裏切る。たとえば、

「クローバーが摘まれるように眠りかけたときにどこかがピクッとしない?」


パレットの穴から出てる親指に触りたいのと風の岸辺で


は前者だが、

何ひとつ、何ひとつ学ばなかったおまえに遥かな象のシャワーを


「まだ好き?」とふいに尋ねる滑り台につもった雪の色をみつめて


は後者だ。「ゆひら」の一首を、穂村自身は前者と見なしている(前掲書、155頁)。それが正しいかどうか、私にはよく分からない。


     §


金曜日 キスの途中で眼を開けて「巣からこぼれた雛は飛べるの?」
  (『ドライ ドライ アイス』)


 『シンジケート』には他者がいた。続く『ドライ ドライ アイス』には、その他者がいない。「私」の期待を裏切る女はすでに去り、戻って来なかった。


(2017.8.21 記)

スポンサーサイト
 考えられる可能性はただ一つ、篠の記憶違いである。ブラックリストに類するものを閲覧し、そこに前川佐美雄の名を発見した件と、1963年に内務省警保局の資料を入手した件とは、とくに関係がないのだろう。

 リストをめぐる篠の発言の根拠は何か、結局分からない。篠はいつ、どこで、何を見たのか。


     §


 『現代短歌』7月号で篠と対談し、発言を引き出したのは吉川宏志である。篠に対して、吉川が問い合わせをしてくれないものだろうか。さらに、その結果については、『現代短歌』が掲載頁を提供してくれないだろうか。対談相手にも、対談の掲載誌にも、それくらいの責任はあるはずだ。

 また、吉川や『現代短歌』編集部が本心から篠の話に興味を持っているのであれば、その根拠が気になるだろうし、きっと篠に質問したいだろうと思う。

 ともかく、問題のリストが存在したことの確認は、現時点では取れていないと言わざるを得ない。斎藤瀏はことさらに虚偽を書き連ねるような人物ではなさそうであるし、ありもしないリストをあったと言う理由もないはずなので、私はリストの存在を積極的に否定しようとは思わない。ただ、それがかつて確かにあり、こんな内容だったと言い切るには、まだ証拠が不十分なのである。


(2017.8.13 記)

 篠はいつ、どこで、何を見たのだろうか。上の発言の続きはこうである。

 後年、「角川短歌」に「体制派から見た昭和歌壇」というのを三回にわたって連載したことがありますが、それはアメリカに渡った情報局のデータがあって、そのコピーを小田切進さんを代表とする近代文学研究者五人で金を出し合って手に入れたんです。それを見ると前川佐美雄が入っているんで、びっくりしたことがある。
 その後調べてみたら、白秋も狙われていたことをひそかに知って、ブラックリストが思わぬものだったのを痛感しました。


 これによると、アメリカで保存されていた情報局の資料を小田切進・篠らの研究グループが入手した。その資料の中に前川佐美雄の名があった。篠はそれを「体制派から見た昭和歌壇」と題する論考で報告した。また、白秋の名は、それとは別の機会に、別の資料で見た、ということのようだ。

 私はその論考を知らなかったので、『短歌』のバックナンバーを探した。1963年7月号から9月号まで、その論考は連載されていた。それを読んで、私はまた驚いた。

 私は、それを読む前にはこんなふうに想像していた。つまり、情報局の資料中に例のブラックリストに類するものがあり、そこに佐美雄の名が載っていて、そのことを「体制派から見た昭和歌壇」は報告した、と。

 ところが、「体制派から見た昭和歌壇」にそのような記述はまるでなかったのである。一部を引いてみよう。

 今回ここに新しい資料として旧内務省警保局編の『社会運動の状況』を提出する(略)。
 この『社会運動の状況』は、じつは敗戦直後にすっかり処分されてしまったと思われてきたものである。ところが、たまたまアメリカに戦後に一部いっていることがわかり、マイクロフィルムに収めて日本にもちかえられたものから、とくに文学と関係のある「共産主義運動」「プロレタリア文化運動」の部分を、小田切進の口添えでわたしども近代文学懇談会の数人あまりが、その紙焼きを手に入れたのである。


 要するに、この論考は、内務省警保局編『社会運動の状況』から短歌に関する記事を抜き出して考察したものである。抜き出しだけでも手間のかかる作業で、これが貴重な仕事であることは間違いない。

 ただ、私が想像していた内容とは様々な点で食い違っている。

 第一に、「体制派から見た昭和歌壇」で紹介されているのは内務省警保局の資料であって、情報局の資料ではない。第二に、「体制派から見た昭和歌壇」では、歌人のブラックリストに類するものは一切紹介されていない。第三に、そもそも篠が「体制派から見た昭和歌壇」をまとめる際に閲覧したのは「共産主義運動」「プロレタリア文化運動」に関する資料であり、それらはモダニズム系の文学活動に言及しそうなものではない。

 そして第四に、「体制派から見た昭和歌壇」が紹介する『社会運動の状況』に前川佐美雄の名が登場するのは、1929年の項の一箇所だけである。同年設立のプロレタリア歌人同盟の役員として掲載されているのである。これは、例のリストに佐美雄の名があるといった話とは随分と違う。ちなみに、佐美雄は1929年のうちにプロレタリアのグループから離反した。その結果として、1930年以降の『社会運動の状況』に佐美雄の名は一度も出てこないわけである。

 「体制派から見た昭和歌壇」に関する私の当初の想像がそれほど見当外れだったとも思えない。しかし、実際の内容は大きく違った。これは一体、どうしたことか。


(続く)

(2017.8.12 記)

 日米開戦前夜、歌人の「ブラックリスト」なるものが存在した、という話がある。軍が「プロレタリア」短歌のメンバーや「芸術至上主義的な思想」を持つ歌人の動向を注視し、「黒点印」付きの歌人リストを作成していた、というのである。

 斎藤瀏の戦後の随想(「回想:歌人協会解散の経緯」、『短歌研究』1950年5月)によれば、1940(昭和15)年以前に知人の憲兵司令官からそのような軍の情勢を知らされ、リストについては「或る所で親しく視た」、という。また、作家の中河与一が同じ軍の情報を得ていた、ともいう。

 1940年11月6日に開かれた大日本歌人協会の臨時総会で、瀏と太田水穂がこのリストの存在をほのめかし、歌壇の組織を時局に合わせて刷新するということを理由に、協会の解散を主張した。そして、この主張が通って、協会は解散した。瀏には、歌壇が自主的に軍に恭順の姿勢を見せることにより歌人の検束を回避するねらいがあったともいう。しかし、他の多くの歌人からすれば、この一件は瀏らが軍と通じて歌壇の組織と思想を思うがままに統制しようとし、歌壇がそれに屈したものだった。後年の短歌史家もまた、これを短歌史上の汚点と評した。


     §


 さて、問題のリストのことである。戦後の研究者はリストの原本も写しも実見できておらず、その存在の真偽を確認できていない、と私は思っていた。たとえば、三枝昂之『昭和短歌の精神史』(本阿弥書店、2005年)は、1941年春に「文士のブラックリスト」の写しを見た、という中島健蔵の言葉(『昭和時代』岩波書店、1957年)も引きつつ、

 ……どうやらその種の名簿は存在していた。(104頁)


としている。つまり、三枝自身はリストを見ておらず、他の研究者の報告にも接していないのである。

 だから、『現代短歌』7月号の篠弘の発言(「平和と戦争のはざまで歌う:戦時下の歌人の良心とは何か」、当ブログの先月の記事参照)に、私は驚いた。

 ……ブラックリストが本当にあったかどうかという点ですが、実際あったらしいんだね。それも意外な人たちがマークされていた。
 これは確信をもって言うんだけど、渡辺順三や坪野哲久ら「短歌評論」のメンバーがすぐに検挙されたりするから、そういう人たちがブラックリストに載っているのかと思うと、それは決まりきったこととしてあえてブラックリストに載せてはいなかったわけね。
 載っていたのは誰かというと、北原白秋とか前川佐美雄とか。つまりモダニズム。


 「あったらしい」とか「確信をもって言うんだけど」とかいった言い方から考えると、篠もリストの原本に近いものを見たわけではないようだ。しかし、リストに渡辺順三・坪野哲久といったプロレタリア系が載らず、北原白秋・前川佐美雄などのモダニズム系が載っている、というのは瀏の証言内容とも幾分異なる具体的な情報であり、何らかの根拠に基づく発言だと思わせる。


(続く)

(2017.8.11 記)

 佐々木啓子編『中城ふみ子総集編』(旭図書刊行センター、2010年8月)は、この編者による一連の中城ふみ子書誌の最終版であり、中城ふみ子の研究者にとって最も重要な参考書の一つである。

 もちろん、完全無欠の書誌などというものは存在しない。『中城ふみ子総集編』を土台とし、その上に加筆訂正をしていくことは、今後の研究者に課せられた仕事である。

 差し当たり、前々回の記事「乳房忌」に引いた資料二点が『中城ふみ子総集編』に収載されていないので、同書に準じたやり方でこれらの書誌情報を書き留めておこう。

--------------------
番号/ 補遺-1
分類/ 新聞
著者名/ 意見番
タイトル・資料名/ てんやわんや「乳房忌」
掲載紙・誌/ 東京新聞
掲載頁/ p.8
発行所/ 東京新聞社
発信・発行日/ 1955.08.08(s.30)
--------------------
番号/ 補遺-2
分類/ 雑誌書籍
著者名/(無署名)
タイトル・資料名/ 「乳房忌」をめぐって
掲載紙・誌/ 新潮
巻/ 52
号/ 10
掲載頁/ p.23-24
発行所/ 新潮社
発信・発行日/ 1955.10.01(s.30)
--------------------


(2017.8.8 記)

 先月、四回にわたって山田航の時評の感想を書いたのをきっかけに、山田の著作にあらためて関心を持ち、最近の文章をいくつか読んでみた。

 その範囲で言えば、山田の文筆家としての特徴は(1)穂村弘を信奉し、(2)現代短歌は口語であるべきだとの信念を持ち、(3)学究肌でありながら、(4)歌壇や学界の外部への発信に意欲的、といったところだと思う。

 「俵万智が切り拓いたもの」(『文芸別冊』総特集俵万智、2017年6月)は、その四つが揃っている。例えば、次の箇所は(2)(3)。

 短歌に縁のなかった大半の人々にとって俵万智の短歌は旧態依然の世界に突如出現した突然変異のように見えたかもしれないが、実は明治大正昭和と長きにわたって沢山の歌人たちがこつこつとトライ・アンド・エラーを繰り返してきた末に、ようやく達成されたものであった。そして俵万智が二八〇万部もの部数を出して拡散させた口語短歌の技術は、まるで最初からあったもののように当たり前に受け入れられるようになった。


 口語だけで歌を作る歌人なら、今はもうたくさんいる。しかし、「口語短歌の技術」を論じる人は少ない。明治までさかのぼってそのルーツを探る人はもっと少ない。それをしている点で、山田の仕事は貴重だ。

 歌人以外には意外と知られていないのだが、俵万智と穂村弘はともに一九六二年生まれの同い年である。


 こちらは(1)。俵と穂村が同年生まれであることが「歌人以外には意外と知られていない」というが、それは当たり前だろう。穂村の方はそもそも、コアな本好き以外にその名を知られていない。俵の場合は違う。そこらのオッチャンでも、俵万智の名前くらいは覚えている。二人を同列に考えること自体、ちょっと無理だと私は思った。

 兄の戦死の歌を作るも、実際は兄がいなかったために批判されたというびっくりするようなエピソードがある。


 平井弘に付けた註の一文。「びっくりするような」に私は(4)を感じた。学者が使わないような主観的な表現を、山田はむしろ好んで使う。

 山田としては、「短歌の我=生身の作者」という約束事が過去の遺物であることをおもしろく印象付けるために、ことさらに驚いてみせたのだろう。それにしても、「びっくりするような」は筆が滑り過ぎたのではないか。そのエピソードに含まれているのは、単に私性をめぐる問題だけではない。

 今日の目から見ても、平井の歌が批判された状況は容易に想像できる。兄弟の戦死を実際に経験した人が日本中に大勢いた時代である。知りもしないのに知ったふりをして……と、当時感じた人がいたとしても、それほど「びっくりするような」ことではないという気がする。その人に賛成する、しない、はまた別の話だろう。


     §


 山田航が編纂する明治・大正・昭和の口語短歌のアンソロジーを、私は読みたい。今はまだ存在しないが、そのうちきっと出版されることと思う。


(2017.8.5 記)

 文人の命日を○○忌と名付けることがある。その日、故人を偲ぶ会が開かれることもある。芥川の河童忌や大宰の桜桃忌が有名だ。

 もちろん、文人の命日なら必ず○○忌と名付けられる、というわけでもない。数えたことはないが、俳人の○○忌の数は比較的多く、歌人の○○忌の数はそれよりずっと少ないようだ。○○忌は季語として登録されるので、俳人になじみの深い言葉なのだろう。

 吉野秀雄の命日は艸心忌と呼ばれ、毎年7月に鎌倉の瑞泉寺でこの艸心忌の会があるそうで、今年は五十回目だと6月14日付の『朝日新聞』で読んだ。歌人の○○忌が長く記憶されている、珍しい例だ。


     §


 今から六十二年前の今日、1955(昭和30)年8月3日は中城ふみ子の一周忌だった。この日、追悼の会「乳房忌」が開かれたことを『短歌研究』が伝えている。

 亡き中城ふみ子氏を偲ぶ「乳房忌」が、一周忌にあたる八月三日、東京日比谷公園内松本楼で開かれた。恩師の池田亀鑑氏や、四賀光子、五島美代子、岡山巌氏ら各派歌人、「乳房よ永遠なれ」の著者若月彰氏ほかのジャーナリストと日活映画関係者、吉行淳之介ら文壇人など四十余名が出席し、遠く帯広から上京した実母の野江きくえ、宮田益子、野原水嶺氏らを囲み、故人の生涯と作家精神について語り合いつつ追悼した。(「歌壇ニュース」、『短歌研究』1955年9月号)


 『乳房よ永遠なれ』は同年4月に刊行されたふみ子の評伝。「日活映画関係者」とあるのは、このときすでに同書の映画化が決まっていたからである。なお、佐々木啓子編の書誌『中城ふみ子総集編』(旭図書刊行センター、2010年)には、当日の「受付名簿」が収載されている(番号S-0026)。そこには「池田亀鑑外30名」の名が記されているという。

 この「乳房忌」という呼び名は、一部で評判が悪かった。会の五日後に『東京新聞』の匿名コラムが批判している。

 「乳房喪失」の歌人中城ふみ子が死んで一年、歌人たちは「乳房忌」と称して集まり、故人のオツパイをしのんだそうだ。歌人の国語感覚の愚劣さを証明するニュースではある。(意見番「てんやわんや「乳房忌」」、『東京新聞』1955年8月8日付「大波小波」)


 匿名氏はこのように「乳房忌」の名付けをこき下ろした後、「中城ブーム」に関係する歌壇商業誌・歌人・若月彰から中城本人まで一まとめに非難し、嘲笑した。

 これを引用した『新潮』の匿名コラムは冷静な書きぶりだが、それでも「乳房忌」には批判的だ。

 河童忌とか桜桃忌とかいうのにならつたものだろうが、それにしても乳房忌とはどうも‥‥(略)大体、中城ふみ子の歌集も最初は「乳房喪失」なんてスゴイ題名ではなく、「花の原型」というのだつたらしい。それを改題させたのは、彼女発掘の恩人ともいうべき「短歌研究」編集長の中井英夫という男である。こんどの乳房忌もかれの発案によるものときく。よほどオッパイの好きな男らしい。つまり意見番先生に「国語感覚の愚劣さ」を叱られるべきは歌人ではなく、歌壇ジャーナリストであつたわけだ。(『新潮』1955年10月号)


 中井英夫が「オッパイの好きな男らしい」というのが全然見当外れであることを私たちはよく知っているが、中井が無名の一編集者であった当時にあっては、十分あり得る反応だったといえるかもしれない。ともあれ、このコラムによれば、「乳房忌」は中井の発案によるものだったという。

 さて、『乳房喪失』という歌集名は戦後の短歌史に確かな位置を占めるに至った。その歌はあらゆるアンソロジーに必ず選ばれている。他方、「乳房忌」のことを今日聞くことはない。こちらは定着しないまま消えてしまったようだ。

 人は性と文学の取り合わせを受け入れた。しかし、性と法事の取り合わせまでは受け入れなかったのかも知れない。


     §


 1962年8月10日付の『短歌新聞』に野原水嶺の随想「乳房忌を迎えて」が掲載されている。私の知るかぎり、これが「乳房忌」という呼び名の最後の用例である。


(2017.8.3 記)

 『歌人クラブ』について、私は多くを知らない。短歌史関係の本に情報が載っていたという記憶もない。稀覯の資料といってよいものだろう。

 私はその21号(1953年1月25日付)だけ、見たことがある。タブロイド版の月刊紙で、紙名の下に「総合短歌紙」と銘打ってある。今の『現代短歌新聞』や『うた新聞』のようなものだろう。発行元は「歌人クラブ社」、編集兼印刷発行人は福田栄一である。

 2面に「歌壇でまでまさろん」という無署名の記事がある。当代の著名歌人について、三、四行の会話形式で作り話をする。漫才のように可笑しくて、しかもその歌人の本質らしきものを穿っている——と読者に思わせることができれば成功。マジメ一方の現代歌壇では、まずあり得ない内容である。

 ただ、これを楽しむには、歌人に関する知識が要る。当時の歌壇関係者には常識だったことをこちらは知らないので、どこでどう笑えばよいのか悩むことになる。

 前川佐美雄

「なかなか東京へ出て来ないね」
「あの男はお山の大将だからね」


 「前川佐美雄」がお題。これは分かりやすい。奈良住まいの話にかこつけ、佐美雄が早くから自分中心の歌誌を持っていたことについて悪口を言っている。

 近藤芳美

「更年期だつてナ」
「誰が?」
「近藤がよ。自分で宣伝してゐるのだから間違ひはなかろう」
「一種のエイタンだね」

  (いちいち注記をしないが、仮名遣いは原本通り。以下同)


 とくにおもしろいとも感じないが、意味はまあ分かる。

 葛原妙子

「みんな忘れるさうだね、区別を…」
「何の区別さ?」
「例へば、大内豊子が山口茂吉の妻君で、四賀光子が…、と、いうやうなことを、ね」
「何の話かね、何かの話だろ」


 これが分からない。何の話かね。


(2017.8.1 記)

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。