最新の頁   »  2017年05月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「ナツカシ(ム)」という語を「過去が思い出されて慕わしい」「過去を慕わしく思う」の意味で使用することが多い『一握の砂』にあって、そうでない例はどのようなものか。そちらも一応見ておくことにしよう。

父のごと秋はいかめし
母のごと秋はなつかし
家持たぬ児に


 一行目と二行目が対句の関係にある。「いかめし」という単語自体には懐旧の意が含まれないのだから、「なつかし」に懐旧の意を読み取るのは幾分バランスを欠くようだ。秋は心に思い描く父のように威厳があり、また心に思い描く母のように引きつけるものがある、親のない子にとっては——といったふうに解しておく。

旅七日(たびなのか)
かへり来ぬれば
わが窓の赤きインクの染みもなつかし


 たった七日である。それで「以前が思い返されて好ましい」などと言うのだとしたら、さすがに大仰だろう。この一首のためにも、結句はただ「染みも好ましい」というだけの意味に取っておきたい。

 もっとも、この歌の心は懐旧の心に似ているといえば似ている。ある時間見なかった物をいま見て心が引かれるというのである。

古文書(こもんじょ)のなかに見いでし
よごれたる
吸取紙をなつかしむかな


 「古文書」が何を指すか、諸註の見方が分かれている。岩城之徳はなつかしむ者自身の「古い草稿の類」とし(『啄木歌集全歌評釈』筑摩書房、1985年)、木股知史は「昔に書いた自分の履歴書など」としている(和歌文学大系『一握の砂/黄昏に/収穫』明治書院、2004年)。上田博は「資料となる昔の文書」という辞書通りの見方を挙げている(『石川啄木歌集全歌鑑賞』おうふう、2001年)

 では「吸取紙」は? こちらは諸註の解釈が一致しているようだ。なつかしむ者自身が以前挟んだ吸取紙、と見るのである。その通りであるなら、「なつかしむ」の解釈も一致することになる。この一首は回想詠で、結句は新しい方の意味、つまり「そのころが思い出されて慕わしいことだ」といった意味に取れるわけである。

 しかし、どうだろう。古文書が先人の手になる文書で、吸取紙もまた先人の挟んだものと解することも可能なのではないか。この場合、「なつかしむ」を個人的体験の想起に伴う懐旧の表現とは取れず、古い方の意味、つまり「親しみを感じる」というだけの意味に取ることになる。

 初出時の下句は「吸取紙ぞ尊かりける」だった。過去に自分がした作業に対して「尊かりける」とは、やや不自然な気がする。先人の仕事の跡への親近感を表すことがこの一首の当初からの主題であったことを窺わせる。

 繰り返しになるが、『一握の砂』ではナツカシという語が新しい方の意味で使われることが多い、というのが私見の主旨である。だから、この歌の結句などもその意味で解する方が私にとっては都合がよいわけだが、もう一方の意味である可能性は結局排除できないようだ。

汽車の旅
とある野中の停車場の
夏草の香のなつかしかりき


 「ナツクサ」と「カ」の音に引かれて「ナツカシカリキ」という結句になったものか。それはともかく、岩城之徳『啄木歌集全歌評釈』は、

 「とある野中の停車場の夏草の香」に心がひかれたことを追憶する一首である。


としている。追憶して心が引かれた、のではない。「なつかしかり……」をただ「慕わしい」の意味に取っているのである。ところが、上田博『石川啄木歌集全歌鑑賞』はこれを否定するように、

 「夏草の香」をなつかしんだ、そのおりの気分には「ふるさとの停車場路」(略)の土の匂いが含まれていたか。


とし、「なつかしかり……」を「過去が思い出されて慕わしい」の意に解している。また、さらに、

 「なつかしかりき」と場面を回想風に設定しながら、現在の「汽車の旅」に感慨する時間の錯綜を印象づける技巧にも意識内の光景を暗示するのである。


とも述べている。いかにも学者らしく「錯綜」したレトリックだが、要するに「なつかしかり……」では過去が思い出されるさまを表していると解し、そのさま自体もまた末尾の助動詞「き」の働きで過去に分類されると解したものか。

 確かに小説や随筆に「昔がしのばれてなつかしかった」といった言い回しが出てくることはあるだろう。日常の会話で同様に言うこともあるだろう。しかし、短歌の表現としてはやや煩瑣な印象を受ける。

 わざわざそんなふうに解釈する必要もないのではないか。自然の景物を対象としてナツカシと詠んだ例は同時代の別の歌人の作にも見出せる。

冬の雨。
市街の寺の大木
(たいぼく)の、なつかしきかな、
 高く立てるは。

   土岐善麿『黄昏に』

夏はいまさかりなるべし、とある日の明けゆくそらのなつかしきかな
   若山牧水『死か芸術か』
 
日曜は土のかをりもなつかしや縁にして見る若き草の芽
   尾上柴舟『日記の端より』


 いずれのナツカシも単純に「慕わしい」という意味にちがいない。「汽車の旅」の一首の場合も、夏草の匂いがたいそう心地よかった、というほどの意味に取ればよいのではないか。私は岩城の解釈を支持する。


(2017.5.30 記)

スポンサーサイト
 ナツカシという語の使い方において特異な歌集、それは石川啄木『一握の砂』(1910年)である。

 この歌集中にナツカシ・ナツカシムの用例は合わせて十二例ある。うち、単純に「慕わしい」「慕わしく思う」の意味に取れそうなのは、多く見積もっても四例しかない。残り八例は「過去が思い出されて慕わしい」「過去を慕わしく思う」の意味に取れるもの、あるいはその意味で解釈可能な要素のあるものである。

 私の知るかぎり、当時の歌集で、ナツカシの使い分けの割合がこんなふうに後の意味に偏るのは『一握の砂』以外にない。短歌に取材方法というものがあるとして、『一握の砂』の場合、特徴的なそれの一つは「回想」である。そのことがナツカシという単語の使い方にも表れているのかもしれない。


     §


 後の八例を見よう。こういった使い方である。

ふるさとの訛なつかし
停車場の人ごみの中に
そを聴きにゆく


 名高い歌集にあって、とりわけ名高い歌の一つ。故郷を思う文脈の中に「なつかし」が出てくる。故郷の言葉を聞くと故郷にいたころが思い出される、というのである。

ふるさとの
村医の妻のつつましき櫛巻なども
なつかしきかな

はたはたと黍の葉鳴れる
ふるさとの軒端なつかし
秋風吹けば

ふるさとの
麦のかをりを懐かしむ
女の眉にこころひかれき


 三首ともに、「フルサト」と「ナツカシ(ム)」の取り合わせが前の「ふるさとの訛」の一首と共通する。いずれの場合も、かつて故郷で体験したことを慕わしく思い出すという意味での「ナツカシ(ム)」だろう。

その昔揺籃(ゆりかご)に寝て
あまたたび夢にみし人か
(せち)になつかし

あらそひて
いたく憎みて別れたる
友をなつかしく思ふ日も来
(き)


 どちらの歌も、過去を想起する文脈がはっきりしている。「ナツカシ」はその文脈に沿った意味だろう。

取りいでし去年(こぞ)の袷(あはせ)
なつかしきにほひ身に沁む
初秋
(はつあき)の朝


 「なつかしきにほひ」の解釈がやや難しい。「去年」が「思い出されて慕わしい」感情の対象になるほど隔たった過去であるかどうか、判断に少し迷う。しかし、啄木本人の生活環境がたびたび変化したことなども頭の隅に置きつつ、「去年のことが思い出されて慕わしい匂い」という意味に取っておきたい。

(たれ)が見ても
われをなつかしくなるごとき
長き手紙を書きたき夕
(ゆふべ)


 「われを」の「を」はどうか。ともあれ、この一首の場合は、回想の文脈や過去・現在の対照の文脈を明確に形作るような語句が見当たらない。したがって「なつかしくなる」の解釈も確定できないといえばできない。しかし、「手紙で自分に親しみを覚えさせる」ということよりは「手紙で自分を慕わしく思い出させる」ということの方が生活上の行為として自然だろう。


(続く)


(2017.5.29 記)

外国の人の心の、
 なつかしさよ、
その顔のみも、快きかな。


  土岐哀果『黄昏に』(1912年)


 たわいない内容だが、「日本に住み、/日本の国の言葉もて言ふは危ふし/ わが思ふ事。」といった歌と並べてみると同情もできるだろう。「なつかしさよ」と「快きかな」は、同語の繰り返しでもよいところを別語にして、調子に変化を付けたと考えられる。したがって、この「なつかし」は「快し」に近い方の意味、つまりただ「慕わしい」という意味である。

 では、新しい意味の方を見よう。

会はましといひやることを、
負くるごとく、
 たがひにおもひしころの、なつかし。


  土岐哀果 同


 同じ歌集より。たとえば、こういう使い方である。懐旧の文脈が明確な一首で、その文脈上に「なつかし」がある。過去が思い出されて慕わしい、の意だと判断できる。会いたいと自分から手紙など出すことを、まるで負けであるかのように互いに思っていた。二人とも若く、意地っ張りだった。そんな昔が思い出される、というのである。

読まば、いまも、涙やおちむ、
ツルゲネフの黄なる表紙の、
 なつかしきかな。


  土岐哀果 同


 「いま」と昔を照らし合わせる文脈の先に「なつかしきかな」の詠嘆がある。これも懐旧の表現であり、「ツルゲネフ」の本に落涙していた過去が思い出されて慕わしい、の意であると見てよい。

いかならむ夢をみしやと逢へばまづとひし癖などいまなつかしき

  前田夕暮『収穫』(1910年)


 恋人が初々しかったころを回想した一首。今となってはそのころが慕わしい、というのである。

 このように、この時代の歌語「ナツカシ」には二つの意味がある。『黄昏に』のように、一本の歌集に二種の「ナツカシ」が同居している場合もある。

 ただ、当時はまだ、元々の意味の方が新しい意味よりも優勢だったようだ。後者は用例を拾うのにやや苦労する。


     §


 そのなかで「過去が思い出されて慕わしい」の意味の「ナツカシ」が繰り返し現れる特異な歌集がある。


(続く)


(2017.5.13 記)


 若山牧水の歌の言葉「ナツカシ」をどう解するか、という話を以前の記事で取り上げた。この話は牧水の一首に限られるものではない。たとえば、北原白秋『桐の花』(1913年・大正2年)である。『桐の花』には形容詞「ナツカシ」や動詞「ナツカシム」がしばしば出てくるが、その解釈はなかなか難しい。なかには従来の解釈に修正の余地があると思われる例もある。

 試みに『桐の花』の時代、つまり1910年代前半にしぼって、歌語「ナツカシ」の意味を確かめてみよう。


     §


 「ナツカシ(=ナツカシイ)」は、現代では「過去が思い出されて慕わしい」の意味で使用するのが普通だが、元々は単に「慕わしい」という意味だった。

 では、1910年代前半の新派の歌集では? 元々の意味で使うこともあれば、新しい意味で使うこともあったようだ。そうであれば、読者はその都度、どちらの意味かを判断する必要がある。いくらか例を挙げよう。まず、元々の意味の方から。

芝原に黄なる花さく初夏(はつなつ)の物なつかしさ人の恋しさ

  佐佐木信綱『新月』(1912年)


 一首の大意は、芝原に黄色の花が咲く初夏の何となく慕わしいことよ、人の恋しいことよ、といったところか。この下句は対句風になっているが、「恋しさ」に対して「過去の慕わしさ」では釣り合わない。また、「何となく」起こった感情であるから「過去が思い出されて」という理由付けがそぐわない、ということもある。この「なつかしさ」は単なる「慕わしさ」の意味に取るのがよいだろう。

みちのくの雪のひかりを思ふだに阿佐緒の歌は悲しなつかし

  吉井勇(原阿佐緒『涙痕』1913年、「序歌」)


 東北の雪の光を思う歌ですら悲しくも慕わしい、ということか。結句の趣向は、互いに意味のやや食い違うような語を並べるところにあるのだろう。ならば、「悲しい」に対して「慕わしい」が自然だ。

この掌(て)の土とわれのいのちの滅ぶこと、いづれなつかしいづれ悲しき

  若山牧水『死か芸術か』(1912年)


 学校文法的には「なつかしき」とあるべきところかもしれない。それはともかく、形容詞の組み合わせが前の歌と同じだ。各形容詞の意味も前の歌と同様だろう。そもそもこの一首の主旨は哲学風のものであって、懐旧の気分などとは全然関係がない。土が初めから命を持たないことと私の命がやがて尽きることと、どちらが好ましいか、どちらが痛ましいか、というのである。

指をもて遠く辿れば、水いろの、
ヴオルガの河の、
 なつかしきかな。


  土岐哀果『黄昏に』(1912年)


 地図を頼りにまだ見ぬ異郷の地に思いを馳せる歌と読める。そうであれば、この一首は回想の文脈上にないことになる。篠弘は結句「なつかしきかな」を「いい知れぬ親しみが感じられる」と正しく解釈している(『現代短歌鑑賞辞典』東京堂出版、1978年、259頁)。


(続く)


(2017.5.10 記)

 五月祭の汗の青年 病むわれは火のごとき孤独もちてへだたる

    塚本邦雄『装飾楽句』(1956年)



 意味するところが明快な一首のように見えるが、実は鑑賞者によっていろいろな読み方がある。春日井建は大意を

 五月祭に参加して汗を流して行動している青年がいる。輝かしいその行動者に対して、病んでいる私は火のような熱い孤独をもってへだたっている。(『日本名歌集成』学灯社、1988年、492頁)


と取り、

 一方に五月祭の光をおき、他方に病むわれの影をおく対比が鮮明であり、その危うい均衡が張りつめた音律をもたらしている。(同上)


と評した。これに従えば、青年は光のように輝かしい存在であり、賛美の対象となる。まず穏当な読み方と感じる向きが多いのではないか。しかし、これと正反対の読み方もある。篠弘は、

 メーデー行進をつづける汗ばんだ青年像、それに対する嫌悪からはじまっている。見せかけのたくましさや、隊列をくむことのいやらしさを、作者ははげしく言おうとしている。(『現代短歌鑑賞辞典』東京堂出版、1978年、243頁)


と解していた。青年はむしろ嫌悪の対象だというのである。さらに、この二通りの読み方を折衷するような読み方もある。永田和宏は、

 ここで詠われているのは、健康さだけが取り柄のような青年への嫌悪感あるいは侮蔑感と、精神に負の部分、陰の部分を抱えて、彼らからはっきりと自らを峻別するという自負、そして、それゆえにいっそう惹かれざるを得ない「健康な普通」への羨望の思いであろう。(『現代短歌』岩波新書、2014年、55頁)


とした。青年は嫌悪の対象であると同時に羨望の対象でもあるという。

 なぜ、このような読み方の違いが生まれるのだろうか。歌の言葉に即して考えるなら、差し当たり二つのことを指摘できる。

 第一に、体言止めの二句切れとその直後の一字空けについて。これらの修辞法の採用は、「青年」に対しての詠嘆を意図していると取るのが自然だろう。春日井の読み方を否定し去るのは難しい。

 第二に、「われ」の「孤独」を「火のごとき」と形容していることについて。田中槐は、

 〈火のごとき孤独〉と歌うことによって自らにも熱い思いがあるという矜持のようなものが感じられる。(『岩波現代短歌辞典』1999年、652頁)


と述べている。篠や永田は、そのような自恃の裏返しとして「青年への嫌悪感」が読み取れると考えたのかも知れない。

 一首中に青年賛美と自恃が同居するということを、この歌の基本的な解釈とみとめてよさそうだ。それを踏まえてどこまで深読みしようか。


(2017.5.4 記)

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。