最新の頁   »  2016年01月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

(ほと)に麦生(な)り尻に豆生りし比売をりて男神に殺さましし
  (短歌新聞社版、377頁、『をがたま』)

(ほと)に麦生(な)り尻に豆生りし比売をりて男神に殺さましし
  (砂子屋書房版、519頁、同)


 短歌新聞社版の字句は初出(『短歌現代』1978年2月)と同じ。砂子屋書房版の「殺され」は担当者の入力ミスにしては文法が正確で、むしろ奇妙に感じられる。あるいは、これは同書凡例の次の項を適用したものか。

一、明らかな誤植と認められる箇所については、校正の段階で訂正を加えた。


 しかし、初出及び短歌新聞社版の「殺さえ」は、明らかに誤植ではない。この歌は、いうまでもなく古事記のスサノヲの話に取材したものだ。原文に「所殺神於身生物者」とあるのを、たとえば1977年刊行の『新訂古事記』(角川文庫、武田祐吉訳注、中村啓信補訂・解説)は、

 殺さえましし神の身に生れる物は


と書き下している。「え」は耳慣れない言い方かもしれないが、要するに上代の受身の助動詞なのである。

 葛原の一首の「殺さえ」は、「陰に麦生り尻に豆生り」といった言い回しや「比売」の用字と同じく、古事記の世界の雰囲気を醸し出す効果をねらって、その書き下し文の字句を借りたものと考えられる。もし砂子屋書房版の「殺され」がことさらにした「訂正」なら、それは不要な作業だったと思う。


(2016.1.29 記)
 本当は全頁全歌を順番に見比べてゆけばよいのだが、とても根気が続かない。これも差し当たり目に付いたものを挙げよう(下線引用者)。

わがこゑのカセットより流れいでわが生の声となりゐつ
  (短歌新聞社版、370頁、『をがたま』)

わがこゑのカセットより流れいでわが生の声となりゐつ

  (砂子屋書房版、509頁、同)


 短歌新聞社版の方は初出本文(『短歌現代』1978年2月)と一字一句同じ。砂子屋書房版の「生命」は、担当者によるワープロ原稿作成時の単純な入力ミスだろう。


(2016.1.25 記)

 歌人は誰でもそういうものだろうか。葛原妙子は、雑誌・新聞に掲載された自分の作品の切抜きをきちんと整理して残す人だった。晩年の歌集『をがたま』の時期の切抜き帖は長くご遺族が保管していたが、今から十数年前、たまたま葛原妙子研究のための問い合わせをした私に保管・研究を託してくださった。『歌壇』2007年10月号掲載の「くだたま:『をがたま』拾遺」は、この切抜き帖の調査をもとにした研究成果である。

 さて、この切抜き帖をあらためて繰ってみると、例の

幽暗の林檎実らばよりゆきてムーンクイーンと呼ばむしはいかに


を含む「天童」五首の切抜き(『短歌』1979年1月)もきちんと貼ってある。注意すべきは、この切抜きに作者本人による書入れがあることだ。その内容は次の三点。

  ①「の」「に」へ修正
  ②「し」を削除
  ③「は」「い」の間にダッシュを挿入

 実際の書入れは、校正記号を使用してこれらを示している。③で挿入されているのは一字分に相当する長さの縦直線一本だが、ダッシュの記号と解してよいと思う。ダッシュの用例は『鷹の井戸』『をがたま』に数例ある。この書入れの指示通りに字句を修正すると、次のようになる。

幽暗に林檎実らばよりゆきてムーンクイーンと呼ばむは——いかに


 その大意は、《闇夜に林檎が実ったら近寄って行って「月の女王よ」などと呼びかけるというのは——どうだろう》。これならばきれいに意味が通る。文法上の疑問点も残らない。仮に葛原が生前に自分で『鷹の井戸』に次ぐ新歌集をまとめ、この歌を収録していたとしたら、読者はきっとこの訂正後の歌を見ることになっただろう。

 では、この歌の初出時の形は、本来どうなっていたのだろうか。切抜き帖の書入れが削除した「し」の一字はダッシュの誤植だった可能性が高い、と私は考えている。「し」の字の書き終わりを右に曲げず、真下に伸ばす書き方は一般に行われている。元原稿にダッシュの記号があって、植字の段階でそれが真下に伸ばす「し」の書き方に誤認された、ということではないかと思うのである。もしその推測の通りなら、歌の形は

幽暗の林檎実らばよりゆきてムーンクイーンと呼ばむ——はいかに


となる。文法・意味ともに、疑問点は見当たらない。元原稿の内容の推定としては、短歌新聞社版『葛原妙子全歌集』の本文よりも穏当と思われる。


(2016.1.18 記)

 葛原妙子の生前最後の歌集は『鷹の井戸』(1977年)で、それ以降の発表歌は森岡貞香が『をがたま』としてまとめ、短歌新聞社版『葛原妙子全歌集』(1987年)に収めた。森岡と短歌新聞社版全歌集の大きな功績だ。

 さて、この『をがたま』は当然、雑誌掲載時の字句をそのまま採ることを原則としているのだが、まれにその雑誌掲載時の字句と一致していない箇所がある。目に付いたところを挙げると、次の四箇所である(不一致の字・記号に下線を引いて示す)。

①歌
硝子戸のうちに寒気のち響き壁なる鋲のなべて光り来
  (『短歌研究』1978年3月)
硝子戸のうちに寒気のち響き壁なる鋲のなべて光り来
  (短歌新聞社版『葛原妙子全歌集』373頁)

②歌
幽暗の林檎実らばよりゆきてムーンクイーンと呼ばむしはいかに
  (『短歌』1979年1月)
幽暗の林檎実らばよりゆきてムーンクイーンと呼ばしむはいかに
  (短歌新聞社版『葛原妙子全歌集』378頁)

③歌
おほあれちのぎくを踏みて立ちゐたり 勇ならずやものれ立つこと
  (『短歌』1979年10月)
おほあれちのぎくを踏みて立ちゐたり 勇ならずやものれ立つこと
  (短歌新聞社版『葛原妙子全歌集』383頁)

④連作のタイトル
大河夢ならず(歌誌『をがたま』1982年8月)
大河夢ならず(短歌新聞社版『葛原妙子全歌集』404頁)


 このうち、①と④は『全歌集』の誤り、③は初出誌の誤字を『全歌集』が訂正したものに違いない。

 難解なのが②である。初出形「呼ばむし」の意味が取れないので、『全歌集』はこれを誤植と判断し、「む」と「し」の字を入れ替えたものと一応考えられる。しかし、この入れ替えは適切だろうか。

 「呼ばしむ」は「呼ばせる」の意だろうが、そうであるなら文法的には「呼ばしむる」にしたい。しかも、「呼ばせる」と解したところで、なお一首全体の意味は曖昧模糊としたままだ。呼ばせる相手は誰か。林檎の実に寄りゆくのは自分か、相手か。

 初出形の「呼ばむし」は明らかに誤植を含む。しかし、訂正後の「呼ばしむ」もまた、元原稿の形を復元できているかどうか、あやしい。


(2016.1.14 記)

 『葛原妙子全歌集』というタイトルの本は、

  ・短歌新聞社版(1987年)
  ・砂子屋書房版(2002年)

の二種がある。どちらも編者は森岡貞香で、巻末に森岡の「解説」が付く。その「解説」冒頭はそれぞれ、次の通り。

《短歌新聞社版》
 本集は歌集『橙黄』、『縄文』、『飛行』、『薔薇窓』、『原牛』、『葡萄木立』、『朱霊』、『鷹の井戸』の各各の歌集の原本、及び第九歌集(未刊)『をがたま』を加えて、葛原妙子の歌集のすべてを収録したものである。

《砂子屋書房版》
 本集は歌集『橙黄』、『縄文』、『飛行』、『薔薇窓』、『原牛』、『葡萄木立』、『朱霊』、『鷹の井戸』の各各の歌集の原本、及び第九歌集(未刊)『をがたま』、『をがたま』補遺、それに昭和四十九年に刊行された三一書房版『葛原妙子歌集』に収録された『橙黄』を異本『橙黄』として加えて、『葛原妙子全歌集』とした。


 これを見ると、後者は前者を利用し、それに手を入れたものであるということが分かる。そこで気になるのは、砂子屋書房版が実際に「各各の歌集の原本」を底本としているのか、ということだ。もしかして、短歌新聞社版を底本とし、そこに同版未収の歌集・歌篇を追加しただけ、ということはないだろうか。

 結論をいえば、砂子屋書房版の底本はおそらく短歌新聞社版であって、「各各の歌集の原本」ではない。

石鳥よソドムの森より翔びきたりしかもきらめく尾羽をもてりき


 『飛行』(1954年)の一首。短歌新聞社版ではこの第一句に誤植があり、「石鳥ら」となっている。そして、砂子屋書房版もまた、「石鳥ら」なのである。

 砂子屋書房版は短歌新聞社版を底本とし、その誤植まで引き継いだと見るのが自然だろう。



(注) 短歌新聞社版の奥付に編者の記載はないが、「解説」に「葛原妙子様の御夫君輝様が本集の刊行にご賛成くださり、万事おまかせ頂いた……」とあり、実質的に森岡が編集の任に当たったと考えてよい。



(2016.1.10 記)


ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031