最新の頁   »  2015年06月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 東郷雄二『橄欖追放』第164回(5月18日付)が「口語短歌」の結句について問題提起をしている。ただ、その内容は興味深いものの、精密とは言えない。松村正直「歌壇時評」(『現代短歌新聞』40号、7月5日付)は東郷に概ね賛成しているが、私はもう少し議論の余地があると思う。

 東郷は竹内亮『タルト・タタンと炭酸水』(2015年)の

線香を両手でソフトクリームのように握って砂利道を行く
海水の透明な水射すひかり大きな鳥が陸を離れる


といった歌を引きつつ、次のように述べている。

 「ある」「いる」のような状態動詞のル形は現在の状態を表すが、動作動詞のル形は習慣的動作か、さもなくば意思未来を表す (ex. 僕は明日東京に行く)。このためル形の終止は出来事感が薄い。何かが起きたという気がしないのである。口語短歌の多くが未決定の浮遊状態に見えるのはこのためかもしれない。


 不勉強な私は「ル形」という言い方を初めて知ったが、これは用言の終止形を表すもののようだ。「動作動詞のル形は習慣的動作か、さもなくば意思未来を表す」というのが学界の定説なのかどうか、それも私は知らないが、日本語の話者の一人としてどうも不思議に感じる。「彼は将来きっと東京に行く」は意思未来ではないだろうし、年譜の記述の「この年、初めて東京に行く」は?

 東郷は「ル形の終止は出来事感が薄い」と言い、

水苑のあやめの群れは真しづかに我を癒して我を拒めり
  高野公彦『水苑』(2000年)


などについては、

 完了の助動詞「り」が使われているため、きっぱりと何かが起きた感がある。


という。ならば、

あなたは勝つものとおもつてゐまたしたかと老いたる妻のさびしげにいふ
  土岐善麿『夏草』(1946年)

ひきよせて寄り添ふごとく刺ししかば声も立てなくくづをれて伏す
  宮柊二『山西省』(1949年)


といった歌はどうか。短歌ではないが、高村光太郎「風にのる智恵子」の一節、

もう人間であることをやめた智恵子に
恐ろしくきれいな朝の天空は絶好の遊歩場
智恵子飛ぶ


の「智恵子飛ぶ」は? 私はそれらについて「出来事感が薄い」とまでは感じない。

 「伏す」は「伏しき」よりも一度限りの「出来事感が薄い」という判定を仮に認めるとしよう。その場合、動詞の終止形で言い切る効果は、それを口ずさむたびに何度でもありありと場面が現前するところにある——という説明の仕方はどうだろう。少なくとも「未決定の浮遊状態」よりは宮柊二の一首に合った説明だろうと私は思う。

 「未決定の浮遊状態」とは結局、引用した竹内の歌全体から来る印象ではないか。そもそも東郷の今回の問題提起は、竹内歌集を論じる中で、追記のように短く言及したものだ。いずれ本格的な再論があるだろう。

 
(2015.6.30 記)


 指摘をいただき、誤りを訂正しました。『タルト・タタンと炭酸水』の歌は孫引きです。

(2015.7.9 追記)

 名古屋で刊行されていた同人誌『核』49号(1975年8月)の「同人消息」の欄に、

 永井陽子 過日、句歌集『かげろふ』を自筆謄写本で刊行。


との記載がある。この『かげろふ』は、『永井陽子全歌集』(青幻社、2005年)に未収。しかし、引用文を信じれば、句歌集『葦牙』(1973年)と歌集『なよたけ拾遺』(1978年)の間に、永井はもう一冊、句歌集をまとめていたことになる。

 私の知るかぎり、これまで『かげろふ』の内容が紹介されたことはない。当時の『核』同人の一人である斎藤すみ子はこの本を贈られていたはずだが、やはり何も報告していない。上記の引用文のほかは、その存在に言及した文献もないのではないか。

 私はこの本を読みたいと思い、図書館や文学館で少し探してみたが、見付からなかった。謄写本だから保存に適さない造りで、かつ少部数の発行だっただろう。それで早く失われてしまったか。永井が遺した蔵書の中にも、この本は無かったようだ。

 『葦牙』刊行後の永井について、高瀬一誌は

 句集としての発表はなく、『葦牙』で歌人永井陽子が誕生したといえよう。(『小さなヴァイオリンが欲しくて』解説、2000年)


と記し、藤原龍一郎は

 その才能の方向を、まもなく自分自身で見定めたゆえか、俳句は捨てられ、歌人永井陽子が誕生する。(『永井陽子全歌集』解題)


と述べていた。しかし、『葦牙』の後に『かげろふ』をまとめていたとすると、永井が俳句から離れた時期は、高瀬と藤原が想像するよりももう少し遅かったことになろう。


(2015.6.21 記)

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930