最新の頁   »  2014年03月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 これまで安立スハルの「スハル」を古風な名というふうに思っていたのだが、今日その片仮名三字を眺めているうちに、それが「昴」と読めることに気が付いた。途端に、それはたいへんモダンな名であるように感じられてきた。


 一ノ関忠人さんが3月13日付『日々のクオリア』で佐藤祐禎の次の歌を取り上げていた。
 

原発が安全ならば都会地になぜ作らぬとわれら言ひたき

  『青白き光』(2004年)



 先日の記事で佐藤祐禎を讃える佐藤通雅さんの文章を批判した以上、一ノ関さんの文章にも触れないわけにいかない。気が重いことだ。

 今回もまた掲出歌をよい歌とは思えないので、困ってしまう。一ノ関さんは次のように書いている。
 

 これは都市部に住む私たちへの痛烈な批判であろう。原発が再稼働されそうになるこの現実において、ますます問われるべき主張だ。再稼働は事故に結びつかないのか。原発を今すぐゼロにという主張を、どこかで現実感がないもののように思うのだが、実際に事故を起こした場所に住むことを思えば、原発は危険きわまりないものとしか考えられない。



 これを読んでも、私の感じ方は変わらない。そもそも、仮にこの歌によさがあるとして、一ノ関さんはそれを説明していないのではないか。「原発が再稼働されそうになるこの現実において、ますます問われるべき主張だ」というのだが、歌によってその「主張」がよりよく表現されているかどうかは明らかでない。

 それにしても、私はなぜこの歌をよいと思えないのだろう?
 

金にては幸福は齎(もたら)されぬといふならばその金をここに差し出し給へ

  安立スハル『この梅生ずべし』(1964年)



 「AならばBせよ」、という形が前の一首と共通する歌である。しかし、私はこちらの歌はよい歌だと感じる。どこが違うのだろう?

 一つはおそらく、「Aならば」の部分の修辞である。「原発が安全ならば」には、五七調であるという以外にほとんど修辞が感じられない。一方の「金にては幸福は齎されぬといふならば」は、造りがずっと凝っている。第二句を大幅な字余り(12音!)にしていること、それにもかかわらず直後の第三句を定型どおりの5音におさめることで定型律の感じは失っていないこと、主語を文頭に置いていないこと、日常で頻繁には使用しない漢字「齎」を使用していること。これが例えば、

  幸福は金では買えぬといふならば

などであったとしたら、よほどつまらなく感じられたにちがいない。そして、もう一つは、佐藤の作より安立の作のほうが一筋縄でいかない内容になっていることである。

 佐藤の一首では、原発のある「地方」と電気を消費する「中央」との区分けが明確であり、作中主体が「地方」の人であることも疑う余地がない。対して、安立の一首では、二つの対立項と作中主体の位置関係はもっと複雑だ。

  金銭では幸福を得られない

という考え方と、

  金銭で幸福を得られる

という考え方は一人の人間のなかで共存し得る。どちらかの考えしか持たない人はむしろ極端な原理主義者であって、庶民の本音はたいてい「お金で幸せを買えるわけじゃないけど、お金がぜんぜんなくても困るよね」といったものなのだ。

 ただし、これはあくまで本音であり、建て前は断然「金銭では幸福を得られない」。いや、建て前というよりも、道徳というべきか。

 安立の一首の主題は、「金銭では幸福を得られない」などと偉そうに言う者の偽善を撃つことにある。しかし、作者が平凡な庶民だとしたらどうだろう。作者は「その金をここに差し出し給へ」と歌うことによってみずからの倫理をも撃ち、みずから傷つかなければならないのである。

 佐藤の歌において、原発を「都会地になぜ作らぬ」という言葉は作者自身を少しも傷つけない。安立の一首に比べ、こちらははるかに単純な内容にとどまっている。作者はその前にすでに原発への恐れから傷ついているではないか、といった見方はこの際無効である。あらかじめ傷ついているという点では、安立の歌も同様であるからだ。お金に困った経験が一度もない人は、あのような歌を思いつかない。そして、あの歌は傷ついた自己をさらに傷つけるものだ。そのことに、私は粛然とした気持ちになる。

 佐藤の一首は、社会詠だろう。私は単純素朴な抒情歌を愛するが、単純素朴な社会詠は耐えられない。私たちの感情が単純であるのに対し、私たちの社会は単純ではないからだ。


(2014.3.30 記)

新しき手帳開きてまづ記す君の誕生日そして命日

  今泉重子(かさね)遺稿集『龍在峠』(2007年)



 今泉さんは婚約者の病死から半年後、婚約者の誕生日に当たる3月20日に自裁した。その日は今泉さんの命日ともなったわけである。一ノ関忠人「遺書」(『龍在峠』栞)は掲出歌について次のように記している。
 

 新しい年の手帳、まず最初に記すのは恋人の誕生日とその命日。それだけのことなのだが、誕生日は即ち自分の命日になる。こう読むと、すべて覚悟の上、予定の上の行動であったことがわかる。



 久しぶりにこの文章を読んで、「自分の命日」という解釈には無理があると感じた。私たちの言葉の表現として、自身の死の日を「命日」とは呼ばないと思うのだ。ところが、気になって少し調べてみると、『玉ゆら』の鈴木久美子さんが、
 

 やはり生きてほしかった、君の誕生日が自分の命日になる、などと歌わないでほしかった……。

(『玉ゆら』2007年秋号。我が家の書架に見当たらないので、申し訳ないが『白鳥』2008年7月号の一ノ関忠人「書評抄」から孫引き。)



と書いていたようで、これに触れて一ノ関さんは次のように軌道修正しているのだ。
 

 ただ、「君の誕生日が自分の命日になる」と今泉は歌ったわけではなかったことも、言っておきたい。これは私も栞文に書いたけれど、この歌はそうした誤読を誘うところがある。しかし、感傷にとらわれずに読めば、一首は新しい手帳に死んだ婚約者の誕生日と命日を記したというにすぎない。

  (「書評抄」)



 これを読んだ上で、もう一度初めの一ノ関さんの文章に戻ってみると、元々その言い方と鈴木さんの言い方とは幾分違っていたことに気付く。前者の注意点は「こう読むと」という条件節。仮にこのように読み替えてみれば、ということなのだ。ただ、その一文を「わかる」という断定調の述語で結んだので、仮定が仮定でなくなってしまっている。

 文章は残るから恐い。後になって別の本で訂正しても、初めの文章の読者がその訂正文を読んでくれる保証はないのである。


(2014.3.22 記)

 今泉重子(いまいずみ かさね)がこの世を去ってから、今年は18年になる。生きていれば45歳、きっと落ち着いた歌を作っていただろう。

  (一ノ関忠人『日々のクオリア』2014年3月20日付)



今泉さんがいなくなって18年か。
瞬く間のような気もするし、
気の遠くなるほど長い時間であるような気もする。

45歳の今泉さんも、死を選ぶだろうか?


昼おそく鳴ける地虫の声ひくし君のシャツ肩にあたたかき午睡

  (『龍在峠』2007年、59頁)



昼下がりに夫の大ぶりなシャツを羽織って、
ひとり畳に臥す妻の歌。

と読める。「昼」と「午」の重複感が惜しい。


(2014.3.21 記)

 敬愛する一ノ関忠人さんが砂子屋書房のサイト上で一首鑑賞を連載中。私はなんと昨日初めてそのことを知り、1月の第1回から全部読んだ。1月18日の回の一首は佐藤佐太郎の有名な作。
 

冬山の青岸渡寺(せいがんとじ)の庭にいでて風にかたむく那智の滝みゆ

  佐藤佐太郎『形影』(1970年)



 この歌を取り上げる以上、「庭にいでて……滝みゆ」の変わった言い回しを素通りするわけにはいかない。一ノ関さんは次のように記している。
 

 「見ゆ」は、本来自ずから目に入る状態をさす。しかし、ここでは作中の主体が「庭にいでて」と動作を示し結句へつながる。ふつうなら「みる」となるのが妥当だろう。それを佐太郎は「みゆ」とした。このねじれが一首を魅力的にしていると私は思うが、変則であることは確かだ。



 「このねじれが一首を魅力的にしている」との意見に私も賛成。「みる」にすれば語法上はすっきりするが、主体の見る意識が前に出すぎる。かといって、第三句を「……ば」の条件節(「庭に立てば」など)にすると、まるで古代の国見歌のようで、大仰だ。いずれにしても、一首の味わいは台無しになる。

  ……庭にいでて——。
       風にかたむく……

といったふうに三句で一旦切って読んではどうだろうか。


     §


 万葉集に、
 

月まちて家にはゆかむ我が挿せるあから橘影にみえつつ

  粟田女王(巻18、4060番歌)



という歌があって、この「みえつつ」は「見せながら」というように解する。佐太郎の「みゆ」も同様に解することができないか、ちょっと考えてみたが、やはり無理なようだ。

 粟田女王の歌は、これ一首だけが今に伝わる。素朴な詠みぶりながら、髪に挿した赤い実の月光に映える印象が鮮やかで、心に残る。


(2014.3.17 記)

 のどかにもやがてなり行くけしきかな昨日の日影けふの春雨

   伏見院(岩波文庫『玉葉和歌集』23頁)



 大学生のころに何かの本でこの歌を知って、「お、いいな」と思った。それで『玉葉和歌集』を図書館から借り出して読んでみたら、他の歌の印象は、特段この歌のように「のどか」なわけでもなかった。

 以来ときどき、何がちがうのだろうと考えてみる。意味? 調べ? いろいろと考えて、結局「ま、いいか」となる。それもこの歌の恩寵だろう。

 景色とか、昨日とか、今日とか、何かを言っているようでもあり、何も言っていないようでもある。茫洋としているところが春らしい。


 10日付の朝日新聞に佐藤通雅さんが「佐藤祐禎という歌人」と題する文章を寄せている。
 

 原発問題ですら、解決済みであるかのごとく、世の中は動こうとしている。



と述べた後、佐藤祐禎の歌二首、
 

  眠れざる一夜は明けて聞くものか思はざりし原発の放射能漏れ

  死の町とはかかるをいふか生き物の気配すらなく草の起き伏し



を引き、
 

 その佐藤祐禎の存在すら忘却されようとしている。(略)
 いま、もっとも残しておきたい歌人、それは佐藤祐禎だ。



と記すのだ。

 これを読んで、ちょっと困った。なぜかと言うと、第一に、通雅さんは世間が祐禎を「忘却」しつつあるとし、そのような世間に批判的な姿勢を示すのだが、そもそも私は忘却も何も、この文章を読むまで佐藤祐禎なる歌人の存在自体を知らなかった。朝日新聞の購読者の大半がそうではないか。

 第二に、通雅さんは祐禎について「いま、もっとも残しておきたい歌人」とまで言うのだが、その理由は言わない。言わなくとも分かるということか。

 第三に、しかし、私は引用歌にそれほど感銘を受けなかった。一番の理由は、それが予定調和のように思われることだ。作者は震災以前から「原発批判の歌を作ってきた」由だ。その作者が「思はざりし」というのは、出来合いのストーリーに歌を合わせたのではないか。また、事実として、避難区域から避難したのは人間とごく一部の愛玩動物だけだ。作者は元々「死の町」の観念を持っていて、いまその観念を眼前の光景に投影しているのではないか。

 第四に、しかし、そのように書けば、おそらく私の方が冷たい目で見られる。人は被災者である作者、被災者である論者の味方だ。当然だろう。私のなかにはそれを怖れる気持ちがある。

 生活者としての佐藤祐禎を批判することは、もちろんできない。では、表現者としての佐藤祐禎を批判することは?


(2014.3.13 記)

 何かのシンポジウムか、あるいは大学のゼミ発表か、質疑応答の議論が白熱するなか、一人の発言がその場の空気を変える。全体の論調はその人物が転換させた方向に走り出す……。
 

夕刻の質疑応答 熱風のただ中にパイロットを生み出して



 隣りの部屋に棲む歌人が詠んだ一首。彼の歌集の72頁にある。「パイロット」の意味は飛行機の操縦士でも悪くないが、ここでは水先案内人と解しておこう。そのほうが、「熱風」との取り合わせの点で具合がよい。「生み出して」というのは、パイロットに擬される存在を質疑応答のやり取り自体が生み出した、ということだ。なお、比喩表現としては、このパイロットは一応、型通りだろう。

 この歌の魅力は、シンポジウムの会場だかゼミの教室だかの閉鎖空間から、熱風が肌を焼く港へふいに連れ出される瞬間のカタルシスにある、というのが私の見立てだ。

 『短歌』2月号掲載の松村正直さんの歌壇時評「内向きな批評を脱して」に、この歌に対するコメントがある。いわく、
 

 ほとんど意味不明で読解の手掛かりも掴めない。



 引用のマジックで目茶苦茶辛口に見えるが、実際は理性的に書かれた文章で、同じ歌集の別の歌はちゃんと褒めてある。ただ、天の邪鬼は「意味不明」と言われると、がんばってその意味を読み解きたくなるのだ。


(2014.3.5 記)

 私たちは明治・大正や平成の天皇の個人名をすぐには言えないのではないか。

   川本千栄「海外詠の可能性」(『塔』3月号)



 三井修『砂の詩学』(1992年)の海外詠の一首「西の風吹きて激しく雲流る遠くHirohitoは長病みいたり」をめぐって記された一文。これを読んで今の天皇陛下の名を思い出そうとしたが、思い出せなかった。況んや明治天皇、大正天皇の名をや。そもそも名で呼ぶ習慣がないし、日ごろその名を目にしたり耳にしたりすることもない。そして、そういう私も昭和天皇の名は覚えている。


  水かぎろひしづかに立てば依らむものこの世にひとつなしと知るべし

     葛原妙子『橙黄』1950年



 『橙黄』のなかでは比較的よく引かれる歌だが、私は初読のときから「ひとつなし」という言い回しに違和感を感じている。

 その意味するところは「ひとつない」だろう。つまり、自分が頼るようなものはこの世にひとつもない、ということである。ならば、歌の言葉にも「も」が必要ではないだろうか。

 この「も」は、
 

 最も実現しやすく、条件としては最低のものであることを示す。

   (広辞苑第5版)



 現代語で言い換えるなら「さえ」、古語で言い換えるなら「だに」あたりになる。この「も」を使わずにその意を含む文例を挙げてみよう。雲ひとつない、傷ひとつない、標識ひとつない、浮いた噂ひとつない、感謝の言葉ひとつない、何ひとつない……。いろいろと考えてみたが、どれも「ひとつ」の直前に体言が付く。
 

ちりひとつなしと歌はれしわが庭の荒れにけるかも落葉つみつつ

  伊藤左千夫『左千夫歌集』明治35年の部



という歌でもやはり「ちり」が付く。同じ『橙黄』でも、父の死を題材にした、
 

抱かれし記憶一つなし名聞(みやうもん)の著き醫師(くすし)にて在しき君は



という一首では、「一つなし」の前に「記憶」が付いている。大辞林3版の「ひとつ」の項に、
 

 名詞の下に付けて、限定または強調したり、最低または最少の例としてあげ、他を類推させるときに用いる。



とあるとおりだ。体言が付かない表現として「ひとつ残らず」を思い付いたが、「ひとつ残らないで」とは言わない。これは例外的な慣用句と見なすべきか。

 要するに私見は、直前に体言を付けずに「ひとつなし」と言うことはできない、ということだ。北原白秋『橡』(1943年)に、
 

西よりぞ月冴えまさるこの夜ごろ銀杏のこずゑ葉はひとつなし



という例があってちょっと困るが、私はこの「葉はひとつなし」も葛原妙子の「この世にひとつなし」もともに破格の表現だと思う。ちがうだろうか?



(2014.3.2 記)

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031