最新の頁   »  2013年12月08日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
小島なお2


 『歌壇』1992年2月号のグラビアページに小島ゆかりさんの写真がある。「私の好きな場所」と題する企画で、東村山のとある公園を散歩する30代の小島さんが写っているのだが、その手に引かれているショートカットの女の子をご覧あれ。5歳の小島なおさんである。とてもよく撮れているので、いずれ『歌壇』で小島なお特集を組むときには、この写真を再掲すればよいと思う。

 写真に付けられたキャプションには、

 愛嬢直子ちゃんと一緒に、毎日この公園で童心のままに水遊びを楽しむ。小島ゆかりの歌の清潔さは、そんな童心から生まれるのだろう。



などとある。「なお」がペンネームとは知らなかった。

 ウィキペディアの「小島なお」の項を見たら、本名の記載があった。考えてみれば「小島」もたぶん母の旧姓であって、本名は別の姓なのだ。ペンネームは表現者としての自意識を示すものだと思う。小島なおさんは、2004年に18歳で角川短歌賞を受賞したとき、すでにそのペンネームを名のっていた。当時から表現者としての自己を十分意識していたわけだ。


(2013.12.8 記)

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031