最新の頁   »  2013年12月06日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 適当に開いたページに、川上まなみという人の歌があって、ちょっと興味を引かれた。

午前二時昨日私の怒られた理由はずっと分からないまま



 午前2時に眠れないまま起きていて、前日怒られた理由を考え続けている図。だれが、どういう状況で怒り出したのか、具体的な情報を提示しないのがかえって想像を誘う。作者は若い人なのだろうが、もし60代の女性がこの歌を朗読したらかわいいだろうと思う。

扇風機だけがまっすぐ前を見て「君は弱い」と叱ってくれる
何事も中途半端な私にもおんなじ朝がまたやってくる



 よいですね。まっすぐな自意識。やはり若い人の作だろう。

「もう嫌」と「死にたい」ばかり繰り返す君の気持ちは理解できない



 5首1連のなかで、この歌だけは私の好みでない。「分からない」と「理解できない」は同じだろうか。私は、違うと思う。「理解できない」には、内容は分かっているがそれに共感することはない、というような含みが若干感じられる。この世は誰にとっても「分からない」ことばかりなのに。

 ともあれ気になる作者だ。この人の名を覚えておくことにしよう。


(2013.12.5 記)

ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031